髪が空に燃え上がる体が炎のようよ やだわ なんでこうなるのホントにもうおこっちゃうから 恋をしてせつないまま甘い夢を見てたいのに許せないアイツらのせいよ やっぱり私やるっきゃないねたたきつぶしてやるわ この手で悪をそうよそれまで頑張らなくっちゃ目覚めなさい蒼い戦士よ どんな悪い人だって好きなら信じてみるの それを利用するなんてそんなのやっちゃいけないのよ いつだって守りたいのあなたのため飛んでゆくわ愛だけが限