胸の覚悟一つともして 世界を彩ろう 枯れるという言葉の奥で醸し出されゆく華麗さに導かれて ずっと歩いてきた 何かが足りないことで 誰かを愛おしく想うという自分になってゆくために この道を邁進(すす)む 侘びを、寂びを、心に留め時を経るほどに深まった人と人を結ぶ絆の鮮やかな色を笑おう、咲かそう、この祝彩で笑顔という花一輪を一人一人に飾っていこうその美しさを…未来へ伝えるため 完全でなくてあたりまえさ一瞬一度
咲いて散りゆくを 幾度繰り返しても桜、桜、その鮮やかさ 永遠に変わらぬまま 人は一度きり咲く 儚い命だからこそ受け継いで 未来へ伝えゆく 年々歳々花相以 時を経ても霞むことなく斯くありたいと願う心こそを胸に書き認めましょう 春を彩て 笑みを花開かせる桜、桜、遥かな日々の想い届けて欲しい 出逢い 別れても この道をゆくならいつかまた巡り来るその日を夢見る 歳々年々人不同 時を手づから重ねあわせ過ぎた日よりも美
「え~毎度くだらないより、アゲるでにゃんす!」「大向こうを唸らすほどにねェ!」「一席、沸かせてみせましょう!」 セイッ! セイッ!…イヨォー… 和ォ!セイッ! セイッ!…いいよ!彩高(サイコー)!! 「さぁ、行くでにゃんすよ!」お先に勉強させていただきにゃんす!『あいどる』とかけて 「あら、謎掛けかい?」『芸事修行』と解く そのココロは?『ふぁん(不安)』と歩いてく~…「ぞなもしっ!」 もっと自由です 本当は、
「ハイッ!」ワッショイ! ワッショ意気揚々! 花と舞え!ワッショイ! ワッショ意気揚々! 鳥と舞え! そう、一期一会の刹那に「ソイヤッサー! ソイヤッサー!」想い込めた唄の『おもてなし』 一席一笑の高座から「ソイヤッサー! ソイヤッサー!」天真爛漫の笑顔をもっと眺めたいから 嗚呼、泡沫の此の世を飾る調(しらべ)で一世一代の芸を届けましょう! 色彩!彩!彩!の奔流 彩ってく、この時をずっと受け継がれた 褪せ無い技と精神
ずっとずっと その先へ世界は動きだす今 始まるストーリー SideM 見上げる空へ Fly To The Sky昨日より遠く高く声が聴こえる So Faraway見えない虹の向こう 心が叫ぶ Shaking My Heartまっすぐに前を向いて光の中走りだせ 響けメロディ いつだって Drive a Live鼓動(ハート)がドンドン鳴るよまちわびた夢の予感オレたちのステージ 始まる今!315! ずっとずっと その先へ世界は動きだす