ほほ笑み月夜 – 平田京子

苦労したぶん 深くなる
夫婦という名の まるい縁
好いて好かれて 好かれて好いて
ふたりしみじみ 猪口(ちょこ)傾けりゃ
月もほんのり ほほ笑み月夜

惚れているから 妬(や)きもしょう
命もかけます ゆるします
泣いて泣かれて 泣かせて泣いて
生きて行きましょ 不器用どうし
肩を寄せ合う ほほ笑み月夜

きのう北風 きょうは凪(なぎ)
明日は吹きます 追い風が
運も不運も 不幸も幸も
春夏秋冬 ふたりでひとつ
満ちてうれしい ほほ笑み月夜