明日への手紙 – 平川大輔

眠りはじめた街で そっと足を止めて
君に出逢えた倖せを実感してる

ふたりでいること もう慣れたけれど
変わらぬ気持ち 伝える言葉は要らないんだろう

触れたくて 触れられずいたあの瞬間を 胸に抱いて
10年も先の僕へ 綴ってく想いは確かになる

ほら 光ある場所へと
ずっと僕ら笑いあっていられるんだろう

キツイ言葉も 時にいい薬になる
君を信じているから そう思えるよ

重なる仕事 つぶしてく約束
それでも「大丈夫だよ」って 笑顔をくれる君を

愛するということの意味を やっとわかってきた僕なら
10年もその先も 君のこと守ってゆけるはずさ

ほら 光ある場所まで
僕の左にいる君と歩いてゆこう

苦しいときが訪れたら
この手紙届くはずだよ

触れたくて 初めて触れた君の弱さを 胸に刻んで
10年も先の僕へ 綴ってく想いは確かになる

ほら 光ある場所へと
ずっと僕ら笑いあっていられるんだろう

コメントを残す