島を離れる夢を見て – 平川地一丁目

校舎の屋上に一人居る
あの日の僕等が
ここから見えそうで

小さな舟に君を乗せて
二人この島を出るんだと
君は少しだけ疑った
僕は「必ず」と そう言った…

「そんな約束もあったね」と
君は今では笑うけれど
僕は笑いたくはなかった
全てが思い出に 変わるから

車の波に憧れたあの日
素浜の波に包まれたあの日

小さな空き家を店に変え
君の夢も叶う時が来る

この島で?

コメントを残す