アマテラス – 己龍

口をついた偽り一つ その小さな音は
語れば脆く 崩れる耄碌 故に優しい調べ
追えど然れど届かぬコノ手 払えぬ枷は嘘
欺くが故 嘲り歌舞く 真は闇へと消ゆ

喜劇の様な悲劇を舞い踊れば喝采

見て見ぬ振りをし続けていても
痛い痛いと泣き叫ぶ心
涙が頬を伝わぬ様に見上げてみれば

天は今もアノ日のまま 変わる事無く鈍色模様
然れど愛は夢を紡ぎ 夢は天を仰ぎ見て笑う
泣かぬ様にと食縛れど 頬を濡らすは鈍色模様
夢は未だ霞の中 天は僕を仰ぎ見て笑う

迷い込んだ運命に浮かぶのは蛇の道か
鳴り響く慟哭

嘘と真の狭間に見え隠れ

「天照」

愛は幻と消えるか 夢は触れて儚さと散るか
斬れば咲くは閃光の華 僕が天を仰ぎ見て笑う