なみだ雲 — 川野夏美

目を凝らして 探しても
あなたと過ごしたあの日々
あの場所にあった愛たちは
どこにもない

いつか見た 夢のように
消え去ってしまったの
それでも あなたは
気づかないのでしょう

私の瞳(め)に
なみだ雲 流れてゆきます

「終わったんだ」その言葉
耳を塞いだの私は
傷が痛くって 苦しんで
向き合えずに

消えてゆく 雲のように
形ない二人です
語り合った日々も
すべて過去のこと

私の瞳(め)に
なみだ雲 悔やんで愛して

私の瞳(め)に
なみだ雲 流れてゆきます