魔法の絨毯 – 川崎鷹也

くだらないことで笑って
何気ない会話で泣いて
ひとつひとつの出来事に しおりを挟んで
忘れないように 無くさないように
アラジンのように魔法の絨毯に乗って
迎えに行くよ、魔法は使えないけど
お金もないし力もないし
地位も名誉もないけど
君のこと離したくないんだ
君が仮にどんな恋を重ねてさ
どんな人と笑い合ったか
1人で考えて 勝手にへこんで
眠れない夜を過ごしてさ
仮に雨が降って
びしょ濡れになっても
ぼくが迎えに行くから
笑って泣いて見つめ合って
抱きしめ合って愛し合って
ジーニーのように魔法のランプから出て
笑わせるよ、魔法は使えないけど
お金もないし、力もないし
地位も名誉もないけど
君のこと守りたいんだ
アラジンのように魔法の絨毯に乗って
迎えに行くよ、魔法は使えないけど
お金もないし力もないし
地位も名誉もないけど
君のこと
ジーニーのように魔法のランプから出て
笑わせるよ、魔法は使えないけど
お金もないし、力もないし
地位も名誉もなにもない
だけど君を守りたいんだ