今を駆ける – 嶋大輔

傷ついた 心の奥を さらけだし 歩いていこう
冷め切った この世の中を 自分らしく あるがまま

いつの日も 変わらぬ夢を 持ち続け 今を生きよう
がむしゃらに 風に向かって 信じる心 胸に抱き

転んだっていいじゃないか 凛とした心
勇気を持って進もうぜ 大切な人のために

負けてたまるか 思い起こせよ まぶたに浮かぶ 青春の影
あの頃のように 夜空見上げて 走り続けた あの日のように

自分に誇りを持て こぶし握って進め 永遠に誓う夢

揺れ動く 大地の中で 歓びや 悲しみを知る
めぐりゆく 時代の流れ 人の心を 思いやる

かっこ悪くてかまわない 汗水流して
希望の光掴み取る 道は切り開くものさ

遠回りする 回り道する 人は誰でも へこむ時ある
高なる想い 負けない気持ち 持ち続ければ 巡り会えるさ

明日の自分を信じ 向い風うけ止めて 乗り越えて行こう

負けてたまるか 思い起こせよ まぶたに浮かぶ 青春の影
あの頃のように 夜空見上げて 走り続けた あの日のように

自分に誇りを持て こぶし握って進め 永遠に誓う夢

コメントを残す