この「薄情」天空に投げて – 崎山つばさ

とめどない恋愛へ紡ぐメロディー
咲き誇る胸の痛みに降り注げ
目の前の壁叩きつける様に
揺れ動く鼓動 ただ信じて

かすむ太陽に 滲む君だけが
孤独に慣れた俺へのReward
夢にあぶれそうな寂しさの中で
変わりのない笑顔をくれた

歪んでる世間への眼差し
時として叱ってくれたね
真っ直ぐに歩むべきもの
それはそう君と見る夢の続きだけ

とめどない恋 愛へ紡ぐメロディー
咲き誇る胸の痛みに降り注げ
目の前の壁叩きつける様に
揺れ動く鼓動 ただ信じて

見えない力は果てしないと信じ
重なり合う様に寄り添った

目眩しそうなこの時代
揺るがないのはこの絆さ
たやすく信じられないと
嘆いてたこの「薄情」天空に投げて

ためらいに ただ震える情けなさ
打ち消せればそう君を包めるから
目まぐるしさに遮る不安なら
君の横顔に 消え去るから

ためらいにただ震える情けなさ
打ち消せればそう君を包めるから
目まぐるしさに遮る不安なら
君の横顔に そのあたたかさに 消え去るから
消え去るから