夢を 叶えてここへ yeah還る約束 oh, babe 消えない 絆がきっと導いた 此処まで そう、戸惑って、つまずいて続く Brilliant waysHello Hello Helloようこそ 私へと 悲しんで、喜んですべて連れてゆこうHello Hello Hello一緒に 愛ゆえ 負った痛みを yeah愛で許しあえた oh, babe 弱さじゃなくて優しさ頬伝う 涙は そう、抱きあって、旅立って続く Brilliant
潮風の土曜日 ヤシの木がそよいでサングラスを外したらもう 夏の海のフェアリー シーサイドの Cafe で レモネードひとくち偶然となりに座った彼と話す 小さな時間 いつの間に晴れた 疲れてた心何気ない時だけど 楽しかったの… 波打ち際のロマンスやけにドキドキしている喧騒を忘れ去っていつの間にかトキめいてた 密かな恋のひとときお願い もう少しだけいたずらな波のように打ち寄せる気持ち 止められないの ち
奏でましょう 二人だけの調べを心 跳ねる 波しぶきみたいね くすぐったい関係この夏 どこまで進める? 青空 潮風 無敵なマーメイドあなたの瞳で泳がせて ドキドキしてきた? ひとしきりにふざけ合えば ふいに沈黙から優しい口づけを 抑えていた気持ちはこの夏 弾けさせていい? 日焼けした肌の小悪魔マーメイド人目も気にせず抱きしめて 青空 潮風 無敵なマーメイドあなたの瞳で泳がせて 日焼けした肌の小悪魔マーメイド人目も気
水の雫が集まって やがて大きな力になるように一人一人が集まって 大きな力になれるといいなぁ 小さな連鎖が重なって 生かされてる互いに弛まなく永遠の時を刻み 太陽の光浴びて 青く輝く星よ The Planet Earth 水の星地球生きるもの全て 奇跡のバランスで サイクルを刻む雲は雨になって 雨は川になって水は姿を変え 命を育むSave Water Save The EarthSave Water Save The Ea
ウィンドーに映ったのは 先を急ぐ私everydayギリギリ乗り切るだけあなたの瞳には どんな私が映る?聞きだせない歯がゆいこの想い いつも強くいなくちゃね心の中で言い聞かせてた 傷つくたび ほんとはいつでも臆病な心隠しすぐに裏腹な言葉を探し逃げていたのあなたの前では飾らない私がいいいつかなれるかな生まれ変わって本当の私を見せたい それじゃまた明日see you あてがあるよなふり話したいことがあるくせにど
書きかけの To Doリストなら破られて 部屋から消えた出かけない コトも決めたし好きな曲 かけて過ごそう モノクロに感じた思い込みのフィルターはずしたら そこにEvergreen One sunny day優しさにくるまれて 遅くに起きる朝I find a way彩りは探せると 信じて見つめたのThe Bright Side wow… The Bright Side wow… パーティーは もう十分よmy
夜空より光る 街はFriday night眉根しわ寄せて 歩く彼女Oh, Darling もっとほほ笑んでHave a time of life 見かけの派手さで 誤解されて恋に奥手なの 悩んでいるOh, Darling 視線気にせずにJust a way you are 誰かのシナリオなら演じる 価値もない心の 想うまま アドリブでいいわ 生きてみて Vivace!Vivace!ヒロインはあなたよ歌えばLa, La, Ride
降り出した通り雨に 街角はざわめいてる一人きりなの weekendサヨナラの言葉だけが 胸の奥締め付けてる涙も出ないくらいに 指先があなたを探す“you are the only one”愛しくて名前を呼んだ“i wanna be with you”もう一度 この肩を抱いて 「強がるな」と(強がるなと)微笑んでよ 聴かせて 雨音のメロディー いつから途切れたの?destiny好きだったの この痛みは あなたが最後にく
Snowy day 冬の香り少し 戸惑ってる曖昧な距離に 白いため息 遠ざけてきた想い なのに膨らむ気持ちしまい込んでた 臆病な私 不思議ね 君がいると 優しいヒカリが触れた指先からあふれて 弾けた オリオン見つめ 君の隣 夜空飾るシャンデリア行ったり来たり 揺れる気持ち Wow 抱きしめてシグナルよりも確かなもの感じさせて 初めて素直な私 やっと見つけたの そばに来て 星座をめぐり Shall we love
何もない こんな1日が透明な気持ちで 目覚めたら 幸せ 深呼吸して 吸い込んだ green & yellow目を閉じて hu hu hu花に水をあげよう I feel so Love, Love, Love, Love, Love満たされてゆくI feel so
最後に見た夢を 忘れられないまま麻痺してく心沈め 気づいてまた見ないふりして 孤独な夜には消せない思いが今も私を試すの 生まれ変わって 強く強く駆けぬけて今を最高に生きる 私のままで言葉にすれば近づく未来立ち止まらないで強く強くたぎらせて昨日より輝くため 私を壊して誰かの為じゃなくても泣いていいのよGolden lady 落ちてゆく時間を 両手で救うように懐かしさに痛む胸 さらってほらもっと遠くへ 涙も別れ
生きてることの意味も 願いさえも変わった きみに会えた日からLai Lai Lai Lai ~ I wanna be tight to you 無精ヒゲの頬も 滑るような頬も 素敵だったわでも警戒したの まだ ためらってたの ぎりぎりまで きみの裸を見るまでは ぼくは死ねないんだよってねぇ 見つめる瞳の奥 一途すぎる光 見たから 地上の恋の歌を すべて集めたって こんなにせつない 歌にならないきみのキスを受け止めて 飛び
泣きはらし俯いて ささくれた私の胸枯れ果てた涙には心地よい疲れの波 あきらめと後悔が渦巻いている 何故いつも繰り返す 悪いのは私じゃない言い訳も聞き飽きた もしかして? 自問自答 勘違い? 想い込み? あたふたしてる好きなのに 好きなのに 信じたいのに 恋は跳ねて浮かんでは消え通り過ぎるけれど 好きだよ「君と僕は鏡なのかも。」誰かのせいにして 隠して 本気なら仕方ない 惚れている私の負けつぶやいて首かしげ 友
胸に雨が降る日は キスですすってあげるいつも抜ける空を見上げてくように 闇におびえてた目は キスでふさいであげる二度と汚れた世界見つめないように そばにあなたがいるから わたしはわたしでいられるよ守りたい わたしのすべて賭けて Fantasista 真夏の夜夢を見て 汗がからみ合うまでFantasista なんどでも夢見せて 楽園で眠れるまで Ole どんな現実さえも 包む未来ならあるそれは幻想なんかじゃ
恋しくて泣き出した 日々などもう 忘れたの今さらは もどれない キズつけあった日々が長すぎたのもどる気は ないなんて ウソをついて 笑ってても信じてた もう一度 もう一度 あの頃の 夢の中 かわす言葉 ゆきづまりのウソ好きなら好きと Say Again 言えばよかった I Remember Do You Remember?わけもなくて笑った頃I Remember Wow Wow かわす言葉 ゆきづまりのウソ好きなら好き
人影も見えない 午前0時電話BOXの 外は雨かけなれたダイアル 回しかけてふと指を 止める 冷たい雨に 打たれながら哀しい物語 想い出したあなたの帰り道 交差点ふと足を 止める レイニー ブルー もう終わったはずなのにレイニー ブルー 何故追いかけるのあなたの幻 消すように私も今日は そっと雨 行き過ぎる車の ヘッドライトがひとりぼっちの 影をつくるあなたの白い車 捜しかけてふと瞳を ふせる レイニー ブルー 
c’est la de pas du du fa sot(セ・ラ・ディ・パ デュ・デュ・ファ・ソ)c’est la de pas du du fa
五月雨は緑色 悲しくさせたよ一人の午後は恋をして淋しくて届かぬ想いを暖めていた好きだよと言えずに 初恋はふりこ細工の心放課後の校庭を走る君がいた遠くで僕はいつでも君を探してた浅い夢だから 胸をはなれない 夕映えはあんず色 帰り道一人口笛吹いて名前さえ呼べなくてとらわれた心見つめていたよ好きだよと言えずに 初恋はふりこ細工の心風に舞った花びらが 水面を乱すように愛という字書いてみてはふるえてた あの頃
雪の降る夜は楽しいペチカペチカ燃えろよお話しましょむかしむかしよ燃えろよペチカ 雪の降る夜は楽しいペチカペチカ燃えろよおもては寒い栗や栗やと呼びますペチカ 雪の降る夜は楽しいペチカペチカ燃えろよじき春きますいまに柳も燃えましょペチカ 雪の降る夜は楽しいペチカペチカ燃えろよ誰だか来ますお客さまでしょうれしいペチカ 雪の降る夜は楽しいペチカペチカ燃えろよお話しましょ火の粉ぱちぱちはねろよペチカ
祈るように瞳を閉じたこの想いが届くようにと何のために弱さかくして誰のために涙流すの 愛しさは哀しい詩(うた) あなた想う誓いそのはかない調べが 私を揺らしてく切なさより深く 痛みより焦がれて溢れ出す願いを この胸に捧げるの 深紅の空 燃え立つように信じる強さ 求めてく二つの鼓動 溶け合うとき生きる意味がそっと変わる この世界が終わりを告げようともあなたの声 私に未来を燈すから 出会いは奇跡 握るその手にさ
Waiting for a full moon おんなじ空を見上げてSee you later soon そっと祈るよ会えない夜も 会いたいキモチ届くように miss you満ちてゆくlove 欠けてゆくwords疑うのは哀しい need you追いかければ
Melodies 時が奏でる調べ響き合う 花の雫 嵐が過ぎるまでは 私がそばにいる眠らぬ夜は 朝のはじまり 晴れたらいつも通り それぞれの空へと旅立つ強さ秘めたひととき 雨音も 涙も 微笑みも きっと忘れないまた会える日まで Melodies 時が奏でる調べあたたかく 誇らしくMemories 心 貴女と重ね響き合う 花の雫 寄せては帰るふたり
今夜もし 千の星 異国の砂漠赤く染めたなら恋を叶え はるか呼び覚ませ 伝説を… 結ばれぬ運命(さだめ) あなたは旅人心駆けめぐる あなたのもとへとパレスから見える パレードの 自由が憧れ 寄る辺なくまるで 夜に泣く鳥で嗚呼あなた恋し 唄うセレナーデデラム・タング・ショデ、アズィザム、ジャエタン・ハリ張り裂くこの胸を 涙隠した絹のチャドル 囚われの身の娘には流沙(りゅうさ)に浮かべた 小舟で旅
誰もいない風の道を見つめていた朝の事を思い出して僕等は又ここで出会った 薄明りのガラス窓にいつか落ちた雨のひとすじが浮かんでいる全てが皆移り変わって行っても GET BACK IN LOVE AGAINもう一度僕を信じて想い出にしたくないあなたを… 止まらないで過ぎた日々に残して来た悲しみの数を数えないであなたはまだひとりきりじゃないから GET BACK IN LOVE AGAINもう一度僕を愛して想い出は欲しくないあ
たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること何より大切なものを 気付かせてくれたね ありがちな罠に つい引き込まれ 思いもよらない くやしい涙よ自分の弱さも 知らないくせに 強がりの汽車を 走らせていた めぐり逢った時のように いつまでも変わらず いられたらwow wow True Heart たとえば 君がいるだけで 心が強くなれること何より大切なものを 気付かせてくれたね 裏切りの鏡に 映しだされた 笑顔に
真夜中君と二人 砂浜波の調べ見上げた空にはほら 星のシャンデリアさI love you tonight 時が止まればいいね流れ星きらめく 想いを伝えたい すぐに いつまでも二人このまま 強く抱きしめてFly away輝いてる君の瞳 僕のすべて映してよMy song for you. Just only you君だけを 愛しているのさ 季節はずれの海は 思い出だけ残してよりそう二人はほら 揺れるダイヤモンドI love you
星を見るのが好きだ夜空を見て 考えるのが何より楽しい百年前の人千年前の人一万年前の人百万年前の人いろんな人が見た星とぼくらが今見る星とほとんど変わりがないそれがうれしい 君といるのが好きだ星について 考えるのが何より楽しい星も笑ったあの時悲しくって星がにじんだあの日 あの頃ぼくらが昔見た星とぼくらが今見る星となんにも変わりがないそれがうれしい
遠ざかる雲を見つめてまるで僕たちのようだねと君がつぶやく見えない未来を夢見て ポケットのコインを集めて行けるところまで行こうかと君がつぶやく見えない地図を広げて くやしくて こぼれ落ちたあの涙も瞳の奥へ沈んでいった夕日も目を閉じると輝く宝物だよ 風に吹かれて消えてゆくのさ僕らの足跡風に吹かれて歩いてゆくのさ白い雲のように 風に吹かれて消えてゆくのさ僕らの足跡風に吹かれて歩いてゆくのさ白い雲のように 白い雲のよ
あの日もここで はみ出しそうな 君の笑顔を見た水の色も風のにおいも 変わったね明日の朝 僕は船に乗り 離ればなれになる夢に見た君との旅路は かなわない きっと僕ら 導かれるままには歩き続けられない二度と これからは 君が思い出になる前に もう一度笑ってみせて優しいふりだっていいから 子供の目で僕を困らせて ふれあう度に嘘も言えず けんかばかりしてたかたまりになって坂道をころげてく追い求めた影も光も 消え
夏が過ぎ 風あざみ誰のあこがれに さまよう青空に残された 私の心は夏模様 夢が覚め 夜の中永い冬が 窓を閉じて呼びかけたままで夢はつまり 想い出のあとさき 夏まつり 宵かがり胸のたかなりに あわせて八月は夢花火 私の心は夏模様 目が覚めて 夢のあと長い影が 夜にのびて星屑の空へ夢はつまり 想い出のあとさき 夏が過ぎ 風あざみ誰のあこがれに さまよう八月は夢花火 私の心は夏模様