木洩れ陽 – 岩出和也

冬の木洩れ陽 おまえにそそぐ
俺の胸にも 降りそそぐ
振り向けば 夢の跡
寒がり同士の めぐり逢い
わずかな陽射しが あればいい
小さな幸せ おまえと
おまえと おまえとふたり

すぐに泣き顔 涙の癖を
早く笑顔に させたくて
誰にでも 過去がある
震える肩先 抱き寄せた
わずかな陽射しの あたたかさ
探していたんだ おまえと
おまえと おまえとふたり

冬の木洩れ陽 ぬくもり分けて
春の訪れ 待ちながら
約束の 指輪より
やすらぐ心が あればいい
わずかな陽射しに 包まれて
みつけた幸せ おまえと
おまえと おまえとふたり