二人のブルー・トレイン – 岡田有希子

約束通りにやって来たホームは
人影さえ 少なくて
ボストン手にした あなたのあとから
顔をふせて 歩いたの

さあ これから 初めての旅
もうあとには引き返せない
私達を乗せた ブルー・ブルー・トレイン
夜の都会に手を振った

時計を見ながら あの娘のおうちへ
ママが電話する頃ね
秘密を抱えた 心が痛むわ
だけど うまく 嘘ついて!

二人だけの初めての旅
誰にも内緒の一日
恋とスリル乗せた ブルー・ブルー・トレイン
夜明けまで 少し眠るわ

やがて汽車の窓の外には
深い緑に抱かれ
朝もやにかすむ湖
近づいて見えてくる
もうすぐ駅ね

降り立つホームに漂う空気が
彼の息を白くする
ひとつのコートを仲良くわけ合う
二人乗せて走るよ
二人乗せて走るブルー・トレイン