陽炎情話 — 岡林信康

惚れたお前を 折れる程
抱きしめる この腕も
いつか枯れては 朽ちてゆく
咲く花が 散るように

ああ しょんがいな
ああ しょんがいな
ああ しょんがいな
ああ しょんがいな

やがて消えゆく 陽炎を
確かだと 思うてか
見える物など 当てならん
しがみつき 掴んでも

ああ しょんがいな
ああ しょんがいな
ああ しょんがいな
ああ しょんがいな

花を咲かせて 又散らす
見えぬ手よ 真なら
連れてゆきゃんせ どこまでも
この命 預けたや

ああ しょんがいな
ああ しょんがいな
ああ しょんがいな
ああ しょんがいな

燃えて切なや 限りある
この命 愛おしや
叶うものなら咲き乱れ
散る日まで抱き合うて

ああ しょんがいな
ああ しょんがいな
ああ しょんがいな
ああ しょんがいな

ああ しょんがいな
この しょんがいな
ああ しょんがいな
この しょんがいな