まっさらな朝 – 岡村孝子

さあ 踏み出そう 次の場所へ
喜びも悲しみも 繰り返して
迷いながら 悩んだ日々
いつの日か思い出に変えてく

青く晴れわたった
空には風がそよいで

新しい朝が来る また歩きだすために
悲しい記憶はみな 涙で流して
まっさらな朝が来る 1度きりの人生に
まだ見ぬ未来の中 輝きながら

残されてる 時間(とき)の砂を
大切に愛おしく 感じるとき
傷む足を 休めながら
めざすべきその場所を信じて

やがて降り続いた
雨から虹に変わって

新しい朝が来る また歩きだすたびに
出会いと別れの日々 心に刻んで
まっさらな朝が来る それぞれの人生に
まだ見ぬ未来の中 きらめきながら

誰のためにも ほら
光は降り注いでる

新しい朝が来る また歩きだすために
悲しい記憶はみな 涙で流して
まっさらな朝が来る 1度きりの人生に
まだ見ぬ未来の中 輝きながら