男の挽歌 – 山本譲二

鳴りだした汽車の笛(ふえ) 時計の針見れば
くもる窓くもる目に 溢れる想い
遠くなる故郷を せつなく振り向けば
街灯りまたひとつ 消えては浮かぶ

北風が裏通り 流れるあの挽歌
故郷を偲(しの)ばせる 流行(はや)りの歌か
温かい母の胸 優しい掌(てのひら)を
思い出すこんな夜は 涙にくれる

降り出した走り雨 さえぎる傘もない
寂しさに酔いどれる 屋台の酒よ
人の世の苦しみや 男の生きざまを
なぁ親父教えてよ 彷徨(さまよ)う俺に

人の世の苦しみや 男の生きざまを
なぁ親父教えてよ 彷徨う俺に
彷徨う俺に

コメントを残す