追憶の光 – 山本彩

街には眩しい 飾りが溢れて
冷えた体をぎゅっと 温め合う人々

ねぇ、あなたのその目にはどう映ってるの
興味もないかな

あなたとの未来を 幾度思い描いた?
でも私だけ だったのそれは
私が居なくても あなたは生きていける

少しの打算も 無く想い合えた
あの頃の二人が 羨ましいね

「別れよう」の一言で
終われてしまう今が 残酷で苦しい

私の薬指 絡みついた愛で
満たされていた 痛みも溶けた
寂しいほどあなたを感じたから

儚いまま 時計の針は動き出していくけど

後になってわかったって遅いけど
大丈夫 元の二人に戻るだけだよ
ただそれだけなんだ

「愛してた、さようなら」
「とても幸せでした」「本当ありがとう」
最後くらいはいい人で終わらせて

あなたとの未来を 幾度思い描いた?
だけどもうそれも 意味がないこと
思い出に変えていく
時計の針は 動き出したんだ
あなたが居なくても…