しあわせの足音が すこしづつ遠のき冷たいDoor 向こうには もう誰もいないねえ 聞こえますか 私の心は今もまだ 泣いている だけど 涙が出ない 愛すれば愛するほど 離れてゆく人私の肌 これ以上 もう つなげないねえ 聞こえますか
錆びたフェンスにもたれ見上げてる モノクロの空溜め息おぼえるたびに何かをなくしそうだよ 街のピエロはジョークで おどけてるけど本当の勇気は 自分を見つめることさ WARRIOR だれもが暗闇におびえながらひとり戦う戦士さWARRIOR 越えて行くよ孤独の鎖ほどいていつか輝く 夜明けを信じて 愛が売りさばかれる この街はso lonely lonely praceラッシュの人込みの中自分を忘れそうだよ いつも大人は時代を 嘆いて