あゝ あなたの甘い吐息の中に身も心もゆだねて命を燃やすのあゝ 私の熱い血汐の波にあなたの愛をのせてこの世の果てまでもう二度と来ない倖せうずくような歓びあなたに抱かれてこのままずっと あゝ すてきな声に あやされながらしびれるような中で死んでゆきたいの怖いのあなたがいつか私を捨てて愛する寂しさを身にしみて思うのが強く抱いてみんな忘れさせてなにもなにも云わずに私をつれてって もう二度と来ない倖せうずくよう