Wolf Moon — 山崎彩音

まろやかな月が
浮かんでいるけど
壊れそうなバイクの音して走る車

寒くて情けない
こんな夜は
自分の手さえも見つめられない

突然怖くなる
この体と心で
ずっと生きてくと思うと
抜け出せなくなる

バカみたいだなって
思える日は少しうれしくなる
今が幸せさって胸を張って言えず
いつもどこか足りない

持っているものはそう多くはない
抱えきれない
だから月に託して

心は旅をし続けるから
最後には花が描きたい
そんな気分

バカみたいだなって
思える日は少しうれしくなる
今が幸せさって胸を張って言えず
いつもどこか足りない
バカみたいだなって
思える日は少しうれしくなる
今が幸せさって胸を張って言えず
いつもどこか足りない 足りない