広いこの世で 誰よりもあなたが命のこの私溺れちゃいやです お酒になんか辛い気持ちは同じじゃないの生きてる限り二人でいたい夢をいちりん抱きしめて 石につまずく痛みよりあなたの背中に泣けるのよ坂みちころがる 紙風船(かみふうせん)に何処か似ている 運命が哀しお願いだから 諦めないで夢をいちりん 愛ひとつ いつもあなたの影になり尽くしてゆくのが生きがいよ死んでもいいのよ別れる時は他に生きてく道などないわ明日を探す 心の隅
ハァアー 酒を飲めない女は可愛い酒を飲んでる女は二度可愛い金の苦労はさせないつもり涙ひとつぶ 泣かせないシワのひとつも出来たなら訳はさておき 俺の罪 女ひとり幸せにもできなくて演歌なんか 歌えないなぁ おまえだから おまえ俺の鏡になってくれ ハァアー 唄を聞いてる女は可愛い唄を歌ってる女は二度可愛い上目使いの笑顔が細い過去があるから今日がある雨もいつしか みぞれ空熱い味噌汁 飲みたいね 女ひとり守る事もできなくて演歌なん