きょうだい心中 — 山崎ハコ

国は京都の 西陣町で 兄は二十一 その名はモンテン
妹十九で その名はオキヨ 兄のモンテン 妹に惚れて

これさ兄さま 御病気はいかが 医者を呼ぼうか 介抱しようか
そこでモンテン 申すには 医者も要らなきゃ 介抱もいらぬ

わしの病気は 一夜でなおる 二つ枕に 三つぶとん
一夜寝たなら 病気がなおる 一夜頼むぞ 妹のオキヨ

言われてオキヨは 仰天いたし 何を言いやんす これ兄さまへ
わしとあなたは 兄妹の仲 人に知られりゃ 畜生と言われる

実は私にゃ 男がござる 年は十九で 虚無僧なさる
虚無僧殺して くれたなら 一夜二夜でも さん三夜でも
末は女房と なりまする

兄のモンテン 虚無僧殺す 深い編笠 その下に
哀れなるかや 妹のオキヨ かねて覚悟の 妹のオキヨ
兄のモンテン 妹を殺す

思いこんだる 妹のオキヨ 妹のオキヨに だまされた
ここで死ねば きょうだい心中
兄は京都の 西陣町で 哀れなるかよ きょうだい心中