横浜から来ました女の子です初恋は鴎にさらわれました港の匂いをかいでることが悲しくなって来たのです長い髪がけだるそうなら切ってしまってもいいのです刺青していた船乗りさんから貰った指環も捨ててしまいます 横浜から来ました女の子です変わり者なんだといわれてました人間ぎらいで おしゃべりぎらい港が好きでいたのです黒い服がかなしそうなら白に変えたっていいのです刺青していた船乗りさんから習った歌でも捨ててしまい
自分を捨て他人のために役立ちたいたとえ 一生は貧しいままであっても狭い家に住んでも誇りというあかりがあるから心が沈むことはない 誘惑をふり払い欲望を押し籠(こ)めてつまらぬ人だと云われても胸をそらして笑っている そういう人にわたしはなりたいそういう人にわたしはなりたい こういう世は愚かなほどにマジメがいい変わり者だねと指さす人がいたって派手な友に会っても自信というオモリがあるから心が揺らぐことはない 贅沢
あらくれに 不似合いのオルゴール真夜中に鳴らして眠れば 夢見る 懐かしい愛を育てたあの頃を都会で拾った 小さな物語オルゴール オルゴールきみの忘れもの まごころに 訴えるオルゴールこの胸に響いて思えば すべてが いとおしい嘘のつけない純情も愛だけ信じた いちずな恋心オルゴール オルゴールきみの忘れもの 水割りに よく似合うオルゴールほろ酔いに誘ってしのべば 心が すすり泣く少女みたいな面影に突然姿を隠
彼岸を過ぎて 九日十日桜の上に 雪が降る宿の小窓を開けて ためいき待てといってた あなたを待ちながら追いかけて 追いかけて 春夏秋冬春は東京にだまされる あなたの傘を 開いて乾してどうやら梅雨も あけたよう死ぬの生きるの 抱いて抱かれた重い心も 今日から軽くなる追いかけて 追いかけて 春夏秋冬夏は金魚と遊びたい 春から夏の 激しさ去って秋風 胸にしみる頃赤い紅葉(もみじ)の色に染まってひとりわたしは 
いま 美酒をてのひらであたためながら ゆらりゆらり過ぎた昔 とどまるこの日そして おぼろな未来も想う 人恋し 君恋し 夢恋しくちびるふれた 乙女の匂いまた よみがえる 青春はきらきらと人生はしみじみと琥珀色した 美酒飲めば泪も ひとしお熱くなる いま 美酒を鼻先で揺らして眠る とろりとろり肩を抱いて 語った夜とそして 儚くこわれた朝を 人恋し 君恋し 夢恋しいとしきひとの 恨みの言葉まだ 消え残る 悲しみは
木枯しが吹き雲がちぎれて飛ぶときおり月光が驚いたように光るぼくはひとりの部屋にいて寒くてならないのに窓を開ける誰かと話したい誰かを呼びたいいやいや ぼくは打ち明け話をするとUFOを待っている今夜こそ 冬の窓今夜こそ 冬の窓 ラジオが乱れノイズばかりになる街中灯が消えてあちこちで人が騒ぐぼくは窓辺で手を振って恐くてならないのに期待してる願えば叶(かな)うのだ思えば そうなるそうそう ぼくは今では本気に
さよならといえよ 夜のパラソルなにに恋して なにを失くしたのすてるものは 思い出だけでじゅうぶんなのにくるくるまわれ 夜のパラソルそしてここに 春を呼んでこい夜に春を 呼んでこい さよならはいやか 夜のパラソルさみしくないさ ひとりきりでもやがて桜が わたしのココロにふってくるだろうくるくるまわれ 夜のパラソルそしてここに 春を呼んでこい夜に春を 呼んでこい くるくるまわれ 夜のパラソルここに春を 呼
国は京都の 西陣町で 兄は二十一 その名はモンテン妹十九で その名はオキヨ 兄のモンテン 妹に惚れて これさ兄さま 御病気はいかが 医者を呼ぼうか 介抱しようかそこでモンテン 申すには 医者も要らなきゃ 介抱もいらぬ わしの病気は 一夜でなおる 二つ枕に 三つぶとん一夜寝たなら 病気がなおる 一夜頼むぞ 妹のオキヨ 言われてオキヨは 仰天いたし 何を言いやんす これ兄さまへわしとあなたは 兄妹の仲 人に
古い車が止まった 良く言えば時代物ラジオしかついてないねジリジリ言ってるよラジオ切ってもうるさい ポンコツってやつだねかわりに歌ってやるって あなたが口ずさんだのLOCOMOTION, motion, motion, ちょっといいね あなたはつなぎを着てる 良く言えば時代物頭の中でFarmerって言葉が鎮座ますめかしこんで来たのに バカバカしくなるねこれが最初のデイトで たびたび聞かされたのLOCOMO
雪が降る 水辺に 雨が降る 野の花に山が 海が 川が 空が 泣き出しそうな今の世に 淋しくて 恋しくて 今は遠いあなたに会いたくてねんころり ねんころり 淋しさなんかに 負けるなよ 思い出は大事に あこがれは いつまでも夢が 恋が 人が 愛が かすまぬように祈ろうか 歌うのさ 心から やさしかった自分に戻るようにねんころり ねんころり 一人っきりだと 思うなよ せつなくて くやしくて 木枯らしの心に歌おう
ふるさとは東京 そういうあなたは淋しいふりも 気取りもない 都会のビートル 私達の頭上には 数えるくらいの星どんな時にも輝いてる 金星はあこがれだねオレは田舎にあこがれて 家出したくらいさ自然が好きなの? 人が好きなの? 何にも知らないんだね ふるさとは東京 そういうあなたは淋しいふりも 気取りもない 都会のビートル 海を越えて山を越え 私の生まれた町小さな自分に会えそうな 満月に起きる奇跡出会うはずな
何を探しているの 欲しい「事」はあるけど何にもない街には 何でもある人の夢を のみこんでるからニセモノの 綺麗さでアワのように消えてゆく わかっててもノドが渇いてゆく枯れて いかないよう ソーダ水…… 街は変っていくね 女(ひと)は はかない女神静かにめくるめく 時は進み涙の意味 見つめる間もない「東京」という名の あなたがいるのなら胸にとびこみもう淋しくないと 裸で抱きしめ
あれは二月の寒い夜やっと十四になった頃窓にちらちら雪が降り部屋はひえびえ暗かった愛と云うのじゃないけれど私は抱かれてみたかった あれは五月の雨の夜今日で十五という時に安い指輪を贈られて花を一輪かざられて愛と云うのじゃないけれど私は捧げてみたかった あれは八月暑い夜すねて十九を越えた頃細いナイフを光らせてにくい男を待っていた愛と云うのじゃないけれど私は捨てられつらかった あれは何月、風の夜とうに二十も過ぎ
心の中を 夕陽が沈む 俺の地平線おまえのような 白いカモメを 赤く赤く染めて明日は晴れるか 傘はいらない コートがあればいい靴も捨てたし グラスも捨てたし これで忘れ物はない俺は出て行く おまえを残して グッバイ ララバイ 横須賀 どうしてだろう 疲れた顔さえ まだ いとおしいのに俺もおんなじ 疲れた顔して それも嫌じゃない気まぐれなんかで 愛せるものか 面影 髪を引く気まぐれなんかで 旅には出ない
小さな雨がふっている 一人髪をぬらしている長い坂の上から 鐘がかすかに聞こえる私の心の中の 貴方が消える恐かった淋しさが からだを包むグッバイ貴方 私 先を越されたわグッバイ貴方 その顔が目に浮かぶわ いつだったか笑って 二人別れていったきれいな思い出にするわ 元気でと別れていったいつの日か心の中に 貴方が住み込んで幼い子供のように ひそかにあこがれたグッバイ貴方 バカねバカね私グッバイ貴方 小さな
うちの目にうつるは あんたの嘘だけうまいこと言うて 心は別のことを思いよるそれでも責めることは 一つもありゃせん誰でも弱いうそつき 弱いほどに罪深い 明日のことは言わんと あんたに言うたね今でもうちは変わらん 明日なんかいらんとよそれでも顔を見れば 気にかかることばかり誰でも同じ強がり もがくほどに傷深い それでも夜になると あんたが忘られん誰でも弱いうそつき 責めることなどできゃせん誰でも弱いうそつ
誰を恨んでる 訳でもないけれどみんなが嫌いになった 訳でもないけれどやさしくされた覚えもなくやさしくするばかりで少しなえて すさんでいるんだ もちろん 心が貧しいからだけど何もかもむなしくなるなんて怖い駅に遠い部屋から外を眺めていた時列車の音がきこえた気がした いつも疲れてるわけでもないけれど楽しい事がないわけでもないけれどわかってもらえずわかってあげようとするばかりで 少し一人ですさんでいるんだ もちろ
何のために今まで そして今からも生きているのか わかったような気がしますいいんです 報(むく)われぬとも 願いは叶(かな)わぬともこの思いは 本当の私だからです今 私は 旅立ちます一つの空に向かって 飛び始めるのです この思いのためなら どんなに苦しいこともきっと やれるような そんな気がしますそうです 歌いたくなくても 言葉に出したくなくてもきっと 歌えるのです 心の中で誰かが歌ってるから今 私は
私の心を奪うために 水割り何杯ついでもダメ私の心を奪うために タバコを何本吸ってもダメ私が酔っ払ったふりして肩にもたれそのまま 眠ったふりでもしたならばあんたは私をどうする どうする どうするさあどうする私が逃げなければ それで全て決めつけてしまうつもりなのね 私の心を奪うために わざとはしゃいだふりしてもダメ私の心を奪うために 淋しげな顔をしてみてもダメ私が黙って坐って人形のようにニコニコ笑ったま
青い空 白い雲 菜の花の小道をかけまわり ちょうちょとり遊んだふるさと まっ白な 霧の中 神社の石段をかけ上がり 手を合わせ泣いてた小さな子 淋しくて 悲しくて 出て来た横浜やさしいと 思ってもみんな他人さ いつの間に こうなった 鏡の中には知らん人 疲れた顔で悲しげに笑ってた 帰ろうか 帰ろうか 田舎のあの家へ青い空 白い雲の田舎へ帰ろうかあの家へ帰ろうか あの家へ帰ろうかあの家はもうないのに
私の目の前の白い花人目にもつかず咲いているけれど幸せそうに ほほえんで香りを漂わせるできることなら この指でお前を摘んでしまいたいあの人の心に 誇らしく咲いてるお前を 白い花びら はにかんでとてもきれいに見えるわお前のように 咲きたかったあの人の心の中に ひそかに きれいに 咲くがいい美しい白い花よあの人と いっしょに 生きて行けあの人をなぐさめながら お前をみつめて 生きて行く私の気持ち 知らないで私
遠賀川(おんががわ) 土手の向こうにボタ山の三つ並んで 見えとらす信ちゃん 信介しゃんうちは あんたに逢いとうてカラス峠ば 越えて来たそやけん 逢うてくれんね 信介しゃんすぐに田川に 帰るけん織江も 大人に なりました 月見草 いいえそげんな花じゃなかあれは セイタカアワダチ草信ちゃん 信介しゃんうちは 一人になりました明日(あす)は 小倉の夜の蝶そやけん 抱いてくれんね 信介しゃんどうせ汚れて し
元気でいるのかい それだけが気がかり最後の最後まで いられなくて ごめん 神様が選んだのとか 神様が間違えたとかいくら責めてみても 僕は戻れない かわいそうだと言うのなら 生きてゆく君こそそばにいるけど心の中さ こんな姿で ごめん… 一人で泣いている 初めて見る貴方涙があふれてる 悲しませて ごめん 俺が代わればいいだとか もう生きていけないだとかいくら責めてみても 誰も悪くない やっぱり好きだったのよね 
夏の終わりの蜩に 別れを告げたら泣けてきた私の自慢の赤い実を そばで見てほしかったあなたはわずかひと夏の 最後に鳴いてはいなくなる私にとまることもなく 花を見ることもなく 赤い実食べる鳥たちは 毒があるぞと話します寂しい夕暮れひびいたの 鳴き声カナカナと数えきれない季節知る 秀でるところはここかしら夏にも雪にも耐えてきた 儚い恋もして 淋しさ一位です
空に見えたい 海に見えたい 山に見えたい 道に見えたい悪人に見えたい 善人に見えたい望むとおり お気に召すものに見えたい 偽りが 本当さ 真実は嘘にするつくられた 毎日を 生きている私達 知らぬ方が 身の為だよ 見ない方が 幸せだよ実は誰も 真実など 知らないの って事にするって決まってるんだよ 鳥になりたい 花になりたい 雨になりたい 雪になりたい人間以外の 正直なものに何も言えず 消えていくことはな
街の灯は帰らない 待ち合わせをしたあの場所よ街の灯は帰らない 胸の中にだけ 灯る光恋をしていたよね 少なくとも私一人夜に会いたくなる時は 切なすぎて 空を見た月も星もないけれど 街の灯りが ゆれていた 街の灯が好きだった 風に吹かれるとゆれるのよ街の灯が好きだった 胸の中にだけ 灯る愛よ恋をしていたのは 若いからじゃないと思う誰もいない部屋で一人 少しばかり お酒飲んで月も星もないけれど 人のぬくみ
はるか深い森の向こうに 映っているよ僕の若い日輝く笑顔と言いたいけれど 悲しく悩んだ横顔ばかり こんなに早く過ぎて行くものならばもっといろんな事をしとけば良かったな よかったな… ぶつかりあきらめ 挫折の日々さ全て見えるね 森のスクリーン なぜにこんなとこに来たのさ 何度もきくなよ森に住むティンカーベルその時愛したあの娘が見えた 映画のように笑って過ぎる あいつの方が短い人生なんてもっともっと大事にしとけ
あの日の事を覚えてる あんなに笑ったあの日 最初にあなただけが 笑いのツボにはまってみんなに移ったんだ どうにも止まらない 涙流して笑いながら 誰か止めてと言いながらお互いの 顔を見て また止まらない あの日の事を忘れない なんであんなに可笑しかったんだろう いつでもそこはあなた まるで指定席だね弱くて強いような 誰もがそうだった なんでここにいないんだろう 二度と集まれないなんて運命を 憎むよと また泣き
冬が来ても帰らない 雪の町でも 常夏の町でも人でなしと言われながら 酒のサカナになっているだろう 青い海は女の涙 すみきった女の涙 だからしょっぱいって 寺山修司のポエムあながち嘘ではない 女は人魚 あの人には帰らない 海の町でも 山の町にいても都合良くはいかないのさ 寂しすぎたすれ違いの日々 届かぬ手紙海に流す 水色に染まる手紙 そして泳ぎ出す 寺山修司のポエムあながち嘘ではない 青い魚 青い海は最初はね 
一人泣き叫んでも 恋は戻らないけど夢の中で逢えれば きっと きっと忘れられる一人風に吹かれて 涙かわくまで町を見下ろす丘で 鳥に 鳥に帰る La… 町を走りぬけても 空に戻れないけどずっと離さないよと 言って 言ってくれたならば恋をただ一度だけ 人になりたくてだけど二度とは来ない 鳥に 鳥に帰る La…