約束 – 山口百恵

呼びつけにしても良いでしょうか
ひたむきに生きていた 四人の少女達

明るい子と書いて 明子
幸福 薄い少女 幸子
素直でやさしい 直子
そして 私の友達 友子

呼びつけにしても良いでしょうか
その時の私の分身 四人の少女達

(明子へ)

ごめんなさい
初めにあなたに謝らなくては
いけませんね

あの頃 私は役になりきるには幼くて
あなたの本当のやさしさ 強さを
出すことが 私には 難しかった
今なら もう少し上手に出来るかも
知れません

赤い迷路 明子
まだ ほんの小さな少女でした

(幸子へ)

幸子の最後のお願いです。
私の分まで強く生きて下さい。

白血病という病気と闘い
最後まで希望を持ち続けていた
一人の少女の祈りのこもった
ラストのセリフが胸に残ります

わけのわからない不安が訪れ
夜半の眠り 覚す時には

あなたを演じた あの時のことや
あなたの言葉を 想い出すのです

赤い疑惑 幸子
生きていたら今はもう 19です

(直子へ)

今までならば 二人の私
ドラマの中と 本当の私
それが今度は 様子が違い
頭の中が こんがらがったの

直子といずみと私
直子がいずみで いずみが私
私がいずみで いずみが直子

やさしさだけが 人の心の
根雪のような悲しみとかす

赤い運命 直子
本当に賢い娘でした

(友子へ)

お母さんっ子で 甘ったれ屋さん
友子は一番 身近な少女ね
少し我がままな ところがあったり
素直なわりには 意地っぱりだったり

すべての障害 乗り越えるのには
愛の力が 大切なのね

後ろ振り向かず 明日をめざして
力の限りに 駆け抜けてゆくの

赤い衝撃 友子
青春がグランドスプリンター

私は約束したいのです
ひたむきに生きること 四人の少女達

明るさを忘れず 明子
幸福 追いかけながら 幸子
素直な心で 直子
そして 友を大切に 友子

私は約束したいのです
これからも見てて下さいね 四人の少女達