甘い裏切り – 山口百恵

風に乱れた ほつけ毛に
あなた指先 からませる
長い坂道 手を引いて
あなた微笑み ふりかける
そんなほどよい しあわせに
愛の形を 見失います
たしかあの時は 二人泥まみれ
どしゃぶりの中で 裸足のまま
めまいするほどに ほほをたたかれて
くるしいくらいに 胸を抱かれ
離さないよと いった言葉
愛は限りなく 燃えていました

季節(とき)の流れに 身をまかせ
生きているのが つらくなる
さめた紅茶を 飲みほして
旅に出ようと 思いたつ
いつかほどよい しあわせに
愛を忘れる 予感がします
たしかあの時は 二人家を出て
若すぎることを 罪に問われ
世間知らずだと 傷をうけたけど
なりふりかまわず すべてささげ
死んでいいかと いった言葉
愛は限りなく 燃えていました