歩いていく – 山口智充

ひとりでいる事が 嫌になったわけじゃない
君と出会った この運命の出来事があったから
自分ひとりだけが 通り抜けてたこの道を
未来に向かって 両手いっぱいに広げていく
容赦なく吹きつける 世間の風に
吹き飛ばされそうになってもふたりなら大丈夫さ
大きな地球のその中で めぐりあえたこのふたりだから
誰にも何でかはわからない 何か凄い力が働いてんだ
これから目の前に現れる いろんな事を楽しみにしながら
この道を歩いていく

ひとりでいる時も 幸せだったんだけれど
君といる時の幸せは それ以上だったから
この先一歩づつ 踏みしめていくこの道を
未来の僕らに向かって 築き上げていこう
時おりたたきつける 冷たい雨に
ずぶ濡れになりそうになっても ふたりなら大丈夫さ

大きな地球のその中で めぐりあえたこのふたりだから
誰にも何でかはわからない 何か凄い力が働いてんだ
これから目の前に現れる いろんな事を楽しみにしながら
この道を歩いていく

目の前に現れる 大きな壁に
押しつぶされそうになっても ふたりなら大丈夫さ
大きな地球のその中で めぐりあえたこのふたりだから
誰にも何でかはわからない 何か凄い力が働いてんだ
これから目の前に現れる いろんな事を楽しみにしながら
この道を歩いていく