シルクロードのシャツの胸好きと つめたくたずねればまるで本気の人のようにわざと シャイにうつむく 過ぎゆく 夏かしのあの恋チークに涙まで揺れたね指から つめまで あの人さざめき渡る 胸にスクリーン 煙草にむせたふり うまくてあなたに またスキをつかれた 別れの言葉を なくして甘えてみせたことが最後ねせめて も一度 抱きしめて酔っても 一夜(ひとよ)だけの パーティ
やめて 心変わりが ため息をよぶのねルージュなあのしぐさも今日は少し くもりがちねI LOVE YOU 競い合った お気に入り同志も先にさめた方が勝ちね つくり笑顔が板につく 不義理なキャンディ・ボイス涙のベイビィ・フェイスあのヒトなら next doorYou say good-bye in your mind後ろ姿でわかります ヒールが高くなるほど何かをみつけ 何かをなくすチラリとも あやまりもせず歌うような人にな
街のあちこちで dynamiteくぐり抜けてきた lucky guy息がつまるほど hold me tight教えてほしい no pain tonightYes, you need somebody to
なぜ きみはそんなにうれしそうに わらうんだろうあどけ なく いま 風になるからこのままずっと 君を抱いて橋を 渡ろう 変わる世界も いまの二人に追いつけないだろう 星が死んでも 虹は見えるさ君がいる から なぜ キスがこんなに張り裂けそうに せつないんだろう二人 なら もう その胸の中隠してきた 痛み全部見せて いいよ まわる世界も いまの二人に追いつけ ないだろう 虹が死んでも 夢は見えるさ僕がいるから 誰か
シャンプー みんながあなたのことなんて呼んでるか 知っているのシャンプー 短く切った髪を泣きながら洗う あの子 忘れなよ くやしいけど あんなヤツのことそんなきれいな髪 いつまでもほかの男が ほっとかないから シャンプー おねがいそばにきて昔みたいに 笑ってほしい 忘れなよ つらいけど しかたないじゃないかたく目を閉じなきゃ いつまでもあいつの思い出 しみてくるから もうシャンプー おねがい もう泣かない
Every day…一秒ごと愛しているよ lovin’ youEverywhere…どこにいても見つめているよ lovin’ you 涙にじむ そんな時はとっておきのやさしい 歌をあげるあなただけ私の胸の one and only Every way…心のまま感じているよ lovin’ you 瞳をそらさず 話してホントの気持ち言えたら 一人じゃないあなただけ私の胸の one and
DOKI! DOKI!! DOKI! DOKI!!赤いお陽様が ジリリ焦げてるつんとすまし顔 君が歩けば陽炎も 色めくよねえ 君のまなざしは 夏の写し絵粋なサングラス 上眼使いに眼があえば 気もそぞろ思考回路はショート 燃えつきそうなヒューズGIZA GIZA ハートは GIZA GIZA 破けそうさ君は赤道小町 恋はアツアツ亜熱帯君は赤道小町 抱けば火傷をするかもDOKI! DOKI!! DOKI!
昨日鳥が夢に出て来てこう聞いた「そのままでいいの?」と真剣な顔で僕は何も言えずただ立ち尽くしてた飛び立つその羽根をじっと見つめて 降りそそぐ星屑が世界を連れ去ってためらう僕は無我夢中でステップを踏んだ 君が微笑むから僕は甘えていた君が見てた空の色も知らずに 降りそそぐ星屑が二人を連れ去って彷徨う僕は無我夢中で君の名を呼んだ 余計なモノはもう全部捨ててしまおう本当に大事なのは明日にあるから 突き刺さる太陽が心
飲みかけた ままの ワイングラス昨夜(ゆうべ)の喧嘩の なごりだね差し込む 小さな 日差しの中で君が 微笑む そんな君と 過ごす休日が僕には とっても貴重でたとえどんな 苛立ちが今日を 閉ざしてもキスをあつめて 愛をはこぼう 出窓に並べた ポトスとアイビー花柄もようの タペストリー見慣れた部屋から 漂う香り普段着の君 だから君は そのままでいいよ何(なん)にも疑わないでたとえどんな 暗闇が今日をかくして
She tells him she thinks she needs to be freeHe tells her he doesn’t
夏の終わりの午後 波音が溶けてブルーグレイの風 寂しさを運ぶ眠らせた記憶また 幻影を連れて よぎるあの日 ほどけてゆく愛を言葉失くして 見送ったひとり 心 途切れたまま漂うように 想ってる今もまだ 遠く流されてく さまよいの果てに愛しさのさざ波 胸に満ちてくる置き忘れたものまだ 深い海の底 光るあの日 ほどけてゆく愛を言葉失くして 見送ったひとり 心 途切れたまま漂うように 想ってる君だけを あの日 
街に降り注いでる柔らかな光君は陽だまりの中静かに笑った 灯りが途切れても君がいる不安を消してゆく希望になるさ 川の流れのように信じ続けたい愛は強さじゃなくて心の安らぎ 願いが届かない風の日も2人は助け合い歩いてゆける そっとつないだ手の中に春のかほりが溢れていくずっと君と生きてゆこう肩を寄せ合う蕾のように 近づく悲しみを乗り越えてちぎれた雲はまたひとつになるさ どんな雨もくぐり抜けて春の日差しを抱きしめたい い
頬よせて踊ってる昔のように瞳とじて 感じてるぬくもりが悲しいほど懐かしい 彼女いるのも知らずに愛したあの日が甦る 深くため息からめた指が甘く誘ってもCHEEK TO CHEEKCHEEK TO CHEEK. Tonight今宵かぎり ひとりだとつぶやいたあなたの声に揺れる心 憎めないまなざしは変わってない何ーッ もう傷つきたくないやさしくしないで これ以上 思わせぶりに胸に抱かれてその気にさせてもCHEEK TO CHEEK
時代遅れの 遊園地が好き少しさびついた 観覧車にのってぼやけた頭が 青空に溶けてガクンとゆれたら あなたに逢いたい まのびしてるよな遊園地が好きひなたぼっこが 終わった誰かが背中丸めて 夕やけ小やけほのぼの消えたら あなたに逢いたい はるかかなた夢の砂漠シンキロウのむこう側今夜のヒコーキだったわねひきとめないからいい旅してきて 話を聞かせて 時代遅れの恋心が好き誰にも知られず 心にしまってひとりポツンと
なつかしさより つらくなるよねひとりよがりの 熱い想いJoke めかして 心まで鋭らせていつか自分を きらいになるさ 足りないものってねぇ それはなんなの?まっすぐ愛を 手にしたいから折れたルージュスティックみたいなひとりぼっちの 都会で Oooooh こっちをお向きよ ソフィアやさしさだけじゃ さびしいよこっちをお向きよ ソフィアただそれだけじゃ 悲しいよこっちをお向きよ ソフィア 涙をためて 崩れそうに
古びた恋の写真てのひら乗せて見るの忘れていた事や哀しい Yesterday急に よみがえる あの日ふたりで決めたわ笑ってそうよ さよなら悔やむことなどないのにどうしてなの 涙が止まらないのひとりのこんな夜涙がとまらないのあなたに 会いたくてI’m Cryin’ For You いつも陽気な子だねと人は私に 言うけど胸にやきついた痛み誰も知らない 涙がとまらないのひとりの こんな夜涙がとまら
あなたに 今夜は抱かれて いたいのになぜか 冷たい言葉ばかり言ってごめんなさい あなたの やさしい瞳に気づいてもなぜか知らず つらく当たってだめね 悲しませる Lover Man なんにも言わずよりそって このままでLover Man 素直なわたしにきっと きっと なれるからなれるから ちいさな誤解で泣いたり笑ったり今日も いつもと変わることなくふたり夜がつつむ Lover Man 胸に抱きしめいつまでも 離さないで
やけにセンチメンタル 白いベッドに座り込みひとりぼっちに 疲れてため息こんな気持ち 忘れてた知らないうちに 恋したのねそっと鏡につぶやく あなたの名をなんてセンチメンタル 夜更けのテレフォンコールだけどあなたは 帰ってないのねやめたはずのお酒が今のあたしの話し相手グラスかたむけ 悪口言ってやるわ「だから愛して」Don’t Delay ぐずぐずしないでDon’t Delay あたしを
Somewhere over the rainbowWay up highThere’s a land that I heard ofOnce in a
すれちがう時 踊る目と目でキスしながら drive in oh, yeah oh, yeah青い笑顔で 乾杯ライムようこそまたね 手を振るクーペ oh, yeah oh, yeah つらい言葉をせめていわれたらNo, no, no! no, no, no! ちょいまちBaby なごりのキスが降るほどよいBaby かげんで別れましょちょいまちBaby そこまでいかないでほどよいBaby かげんで別れましょ 「よろしく」言っ