はじまりの街 – 居石和也

街のはずれにある古い駄菓子屋
幼い頃よく遊んだ公園
付き合いはじめの彼女とよく見た
真っ赤に染まった夕焼け空

見慣れた景色
その全てが心に染みついてる

この街は誰よりもきっと僕を知ってて
いつまでも変わることない
僕の帰る場所

電車に揺られ小さくなってく街
どこか切なく見えてて
置いてきた宝物
握りしめた大きな夢
思い描いてゆく「未来」

本当の自分に気づけなくなってしまう日がきても…

歩いてく
この先ずっと果てなき道を
まだ見ぬ明日へとそっと手を伸ばすんだ

この街は誰よりもきっと僕を知ってて
いつまでも変わることない
僕の帰る場所

いつか 帰るまで…