町の風景 – 尾崎豊

町の風に引き裂かれ 舞い上がった夢くずが
路上の隅で寒さに震え もみ消されてく
立ちならぶビルの中 ちっぽけなおいらさ
のしかかる虚像の中で 心を奪われている

あてどない毎日を まるでのら犬みたいに
愛に飢え 心は乾き ふらつきまわるよ
灰色の壁の上 書きなぐった気持ちは
それぞれの在り方の 空しさに震えてるんだ

追いたてられる町の中 アスファルトに耳をあて
雑踏の下うもれてる 歌をみつけ出したい
からっぽの明日に 向けて投げてやるさ
誰もが寝りにつく前に

心のハーモニー 奏でよう
ガラスづくりのうた 奏でよう
無限の色をちりばめた 町の風景

人間喜劇さ その通りだろうよ
だけど何がこうさせるのか わからないよ
愛情の渦だよ 窮屈になるだけ
だけど誰が止めるというの 祈るしかない生き物よ

だまってておくれよ 理屈なんかいらない
甘えだと 笑うのも よくわかったから
無意味の様な生き方 金のためじゃなく
夢のため 愛のため そんなものにかけて見るさ

追いたてられる町の中 めくるめく日の中で
人生を描いていく 歌い続け演じ続け
人生はキャンバスさ 人生は五線紙さ
人生は時を演じる舞台さ

心のハーモニー 奏でよう
ガラスづくりのうた 奏でよう
無限の色をちりばめた 町の風景