「目覚めたのは、白雨の降りしきる小高い丘。辺りに人影はなく、ただ唇に暖かな温もりだけが残されていて。僕はどうしてここにいるのだろう。やっと会えたのに、一緒に帰ろうって伝えることもできず。ここで何があったのだろう。シスは、別れ際に耳元で何事か囁いていた。けれどそれがどうしても、思いだせなくて――――」 初めて出会った その瞬間から想いは決まっていたのかな?幸せって言葉の象徴は疑う余地なく、キミの存在だっ
ねぇ メリディエあなたがいつかね何もかもを そう 捨て去ってしまっても きっと傍にいるわ人はあなたを畏れるかもとも知れないけれども その心の何よりも美しいこと 知っているから―― 「生まれながらにして、王女の友人であることを運命付けられていた。貴族の娘、メイメイ。」 「光を通さぬ漆黒の髪、感情を閉じ込めた昏い瞳、国の唯一の跡継ぎと目された。王女、メリクルベル。」 「二人はいつしか。ただの役割以上に、惹か
凶音が世界に響く 新たなる風を携え浮かんだ二番目の月へ 向けて貫き叫ぶように 全てが誰かに与えられし理なら振り落とされずにどんな運命だって乗りこなしてみせるさ 理由無き咎を贖い 祈り続けたって切り拓けはしない一掴みだけの希望【ヒカリ】でいい 灰色の空に飛ばせ それはきっと小さな願いどんなに無様でも“――――生きたい”無数の声なき想いを乗せて 新しい世界を描け 結末を奪われ 放り投げられた童話の空白は自らの
「どうして選ばれたのか?」そんな問いに意味など ないと識っても心痛は消えることなく 時計の針は廻る… 「この世界には、不死なる5人の魔女がいる。それぞれが異なる神に見出され、人から成りし存在。神を信仰する人々はその力に畏怖し、崇めた」 「蒼白の果てで紡がれる、心優しい少年と一人の魔女の物語」 褪せた日々は淀み 怠惰に溺れる血塗られた月夜は穢れ 無垢な衝動、翳して 変わらぬ忠誠 誓いし下僕たる少
交錯する想い達 重なる死の刃欺いては切り裂いた 過去への寂寥感 闇に沈んだ魔女に 光はいらない lunatic… 歪んだ螺旋にいつしか囚われてるシルエラは無力な 自らを呪う罪深く染まる日々に すべてを委ね 想いを貫く 「戦う理由なんてどこにもないはずなのに。命令されたって、何かの間違いじゃ……?」 「黙れ。間違いがあるとしたら、それはお前がここにきたことだけ。愚かで……汚らわしい男。追い払うだ
「—-葬列。並ぶ者の居ない、闃寂の空間。参列者は、たった独り。孤独な少女は回想する。共に過ごした美しい思い出の、その全てを。彼女は笑いながら呪う。忌まわしい世界に向けた、底なしの悪意。……少女の纏う、黒紫の影がざわめきだした—-」 響き渡るそれは欷歔の声吹き晒す風に乗せ猶も届きはしない 身に纏う無数の「声」が黒紫の装束となって信じるべきものを告げている 何を愛し何を呪う何を許し何
「名前を知れない、小さな村。村人たちは神を深く信仰し、慎ましく暮らしていた。そこに、一際敬虔な夫婦がいたという。皆から愛され、穏やかに、平穏に。小さな幸せと共に」 「彼らには、たったひとつだけ不幸があった。夫婦は長らく、子を授かる事ができなかった」 「妻は祈る」「夫も祈る」 「神より、新たな命を授かるべく。そうして、漸く。村の誰もが二人を祝福する—-はずだった」 もしも罪悪に重さがあるのなら生
許されない命があるそう 世界が存在を拒むなら 天の巡(めぐり)に抗ってでも生きていこうと誓いながら二人だけ 在るように 「ある日、リフルは病に倒れる。村で孤立していた彼女に手を差し伸べる者は—-」 味方など何処にも居ない 呪われているその命の全ては穢れ 命の重さに差などない筈なのに 医者でさえその命を護ろうとはしない 私独りにできることなんて—-震える両の手をただ胸で組み合わせてあなたに
凶報 大恐慌 さぁ狂想 震えよセカイこの場で 定められた 指針こそが 法となって それが どんな 矛盾に満ちた 裁定で落涙 落命 何が起ころうと抗えない 「遅れている第4の魔女リフリディア、そして第5の魔女の着席を待たずして。セカイの行く末が今ここで決定付けられるとまで言われる、五魔女会議の幕が上がる」 瓦解の 潜む夜に 星が堕ちる 空を抱く狂気を 濫用して 神降ろしの 機は逸した 帝政? 王政? そんな
「正直、驚いた。魔女の僕、メイメイに手を引かれ、深く暗い森を歩き続けた。一歩進む度に現実から離れていくような錯覚に襲われて、現実と幻想の境界がわからなくなってきた頃、突然に視界が開けた。そこに隠されるように広がっていたのは、陰鬱な光景ではなく、思いもよらないほどに美しい景色で……」 花々(はな)は色付き舞い踊って鳥達(とり)は祝福を謳ってまるで、地上の楽園であるかのよう わたしを迎えて微笑む(わらう)
「泣き虫で甘えん坊な少女、ロシェル。貧しくも母と子、慎ましく暮らしていた。当たり前だと思っていた幸せな境遇。それが突然消え去るなど、想像もしなかった」 退屈な平和が奇跡であることを母に守られていたことを肌で感じた変わらないものなどありはしないのだと変わってから気付いたって もう変えられない 遠い町まで一人きり 心が竦むそれでも行かなければ……きっと後悔が待ってるから 助けて 誰か聴いて孤独に揺らぐ声無数
深窓から焦がれた 一片(ひとひら)の理想(ゆめ)は唯遠く粉雪(ゆき)のように溶けては 悲しき歌声(アリオ)を奏で続けていた 病魔(やまい)はこの身体を 穏やかに死へと誘(いざな)って心まで屠るだろう叶わない夢物語(いつか)を祈りながら まだ……抗ってみせる。 運命(さだめ)を超えて 切り裂く為に 気高き大剣(つるぎ)を纏いたい何物にも折れない意思は 未来を護る為にこの血脈(ち)が繋ぐ 希望の灯火(ほのお
「美しい双子の少女、ディーとウィー。優しい父と母、四人での幸せな生活。何不自由なく暮らしていた双子は、幸せな日常に忍び寄る影に……気付くこともなく」 「不穏な種は静かに芽吹き、いつしか取り返しのつかない悪夢と化して。嵩んだ借金の果ての一家解散。双子は離れ離れに……別々の家へと引き取られていった」 何を違えたのか その問いに解はなくて今はただ、冷たさに耐えるだけ『聖華(はな)の双子だね』と云われては微笑
金糸雀という鳥は人の為に 自らその翼捧げたなら二度と羽ばたくこともなく 美しい鳥だというその響きに この心に冠し生きるのには相応しくない名だと思う 結ばれていたはずの二人を引き裂いたものに向けたその殺意(おもい)は決して否定しようもなく 『消してしまえば』『あいつさえいなければ』その思いの果てに起こした凶行は元を正せば貴女のせいよと指し示す魔女の手先は ただ薄く笑っているばかり 「何がおかしいの?笑ってな
「こんばんは、フィーナ。」「…誰?」「私はメイメイ。貴女を救いにきたの。」「貴女に見せてあげる。“今”の貴女が、これからどんな運命を辿るはずだったのかを」 「メイメイは語りかける。かつて語られなかった、最も最悪の可能性。」「メイメイは語りかける。残酷な運命。その全てを見通したモノの目で。」「メイメイは語りかける。フィーナの意思など存在しない、一方的な救済。」「メイメイは語りかける。その美しい魂の家、
「ようこそ、七人目の美しき少女。ふふっ。さ、踊りなさいな?」 「そして始まる。晩餐会。幸せそうに、皆口々に魔女を称えながら。けれど、みなどこか空ろな目をしていて。」 「(何なのこれは……胸がざわつく。こんな事が……許されていいの?)」 「心のどこかに巣くう弱音を噛み潰しながら、ミリリは立ち上がる。」 「論戦にも成り得ない拙い感情の吐露。興味深げに応じる魔女。」 「――それは、彼女の最後の抵抗。」 ねえ貴女 そ
「晩餐会の象徴のように設置された、大きな写し鏡。その鏡には、7人の少女たちがこの場所を訪れなかったケースの映像が映し出されていて…。」 壊死は進み 循環する 悲哀観念 最終楽章へ 居並ぶ 嬲る 奈落少女 glow 愚弄 苦楽殺傷楽団員達は 死旋律弾(ひ)いて 最高の 偽幸者(ぎこうしゃ)に為りたいそんな悪夢(ゆめ)を見ていたここはそう 薄暗い ショーケースだ光は奪われて 届かない 「どうしたの?あなたも欲し
薙ぎ払えその手で 選ばれし運命に刻まれた者よ解き放った光はこのセカイを 繋ぎとめるための鎖だ 雷鳴の華が罪過の月を切り裂いた磔にされた 滑稽な真実の廃墟【ruin】 十字の杭を打ち込んで 崩れた絶望の墓標に血塗れた偽典の観測者が奏でる 因果の旋律【melody】 薙ぎ払えその手で 選ばれし運命に刻まれた者よ解き放った光はこのセカイを 繋ぎとめるための鎖だ 書架から零れて落ちた一欠片の愛情救済という名の そ
「嘗て権勢をふるった若き亡国の王は、力弱き民を従えて巨大な塔を建設していた。星に手が届く程の高さまでその威容が達した暁には、神に並ぶ立場で対話を果たしたいと願って――――」 犠牲の鍵と 凝結せし偽聖の顎門 神の領域踏み込んだ 不死なる亡国の王 紅蓮に堕ちて 乖離する蒼の継承者 無式の意識 青嵐に身を委ねた 斬り刻め いつか眺め失ったその幻想を乞われ壊れ奪った最愛の生命に 虚ろな意思を死を捧げるように 杭え
揺らいだ非対称の軌道 序曲に翳した虹彩光の終止線は 歪んだまま可視化された幻想を騙る 幽暗な虚構の深淵にいつか囚われた セカイを撃ち抜け! Ah…Break up the fake! Stand in the truth!and you will die in your sins.十字を切れ 不在の神に覚醒の詩を奏でし声は 冒涜の剣か? Chain
「国が管理する孤児院で生活する少女。年上の孤児たちは一人、また一人と順番に貰われていく。笑顔で新しい家族に迎え入れられる彼らに、羨望の眼差しを向けて……」 「きっと、生まれ変わるみたいに何もかもが変わるんだ」 「次は、彼女の番――――」 誕生日には 枢機卿【Cardinal】様の娘として引き取られることになったでも喜べない 彼の舐るような視線に不安が募る 悩みを月に吐露したその夜に意図せず立ち聞きしてしま
「希望と絶望を司る二つの光彩。この世界では決して等量に降り注ぐことのない光の雨。寂寞の音は波紋に。そして空を覆う赤き月の残光は、いつしか残響となって……」 「それは、幾多の嘆きの中紡がれる、第二の魔女の物語」 悲鳴の中降り注いだ 深紅の雨に浮かぶ 第二の魔女の影(silhouette)日々に飽いた魔女 嗜みしは残忍な狂気(folie)神託は堕つ 不遜 不変 不滅の混沌(chaos)に飲みこまれただ冷え
「魔女に双子の兄を連れ去られ、その時の恐怖から声帯をも奪われた少女。声の出せなくなった彼女を目の当たりにした魔女は大いに喜び、気まぐれに命だけはとらずに生かし続けていた……」 泣き腫らした瞳には 幾度の夜が過ぎ去った現在もあの日が網膜に薄く焼きついてた家族に守られて 狭く優しいセカイに生きて頼れる存在を失った少女は 沈黙の中で なけなしの勇気を持って神にではなく自らに祈る―――― 幸せな記憶の詰まった家
華美で豪奢な塔(tour) 荘厳な支配(domination)囲われるは美しい少年達散見される不幸な少女も 男装強いられ 暴虐の魔女が夜な夜な繰り広げるのは永久に解放されない悪夢(cauchemar) 踊りましょう? 絶望の声を従えて歌いましょう? 消えゆく心音に乗せて (無様に踊れ 死ぬまで滑稽に謡え 沈め) 滅びましょう? 己の全てを失って受け入れれば飽きるまで可愛がってあげる―――― (我に弓ひけ 求
「幾つもの国々を見て回る旅を続ける、どこか影のある憂いを背負った青年。黒衣の青年は、不死なる魔女の一人、アイリーンの影響下にある街を睥睨していた」 疲弊する 寒々しい雑踏酷く重苦しい街は 夜に蝕まれ歪に滲んだ 粛清に風はさざめき幻想に終止符を刻んだ無辺の爛れた闇 風説の真偽など荒廃したこの風景をみたなら 疑うこともできはしない キミの名をその欠片を 白夜の果てにまで連れていこうどこにもそんな場所はないの
万雷の死が暗澹と 降り注ぐ不夜城を背にして二人は 走る―――― 「魔女に囲われていた一人の少年と一人の少女は、監視の目を縫うようにして脱出に成功する。共に囚われている者達を見捨てるような形で。けれど、いつか必ず助けられる機が訪れると信じて……」 「振り返るな、足を前に運べ!」 「わ、わかってるっ」 気付いた時には 形振り構わず不意に駆け出していた折れていると思った心をまた 奮いたたせてくれた一人じゃない&
「しつこく追ってきて、何が目的?やっぱり誰かにバラす気なんじゃ……」 「泣いてないで何か言ってくれないかな、キミ」 「少女が声を出せないことなど知らない二人は、何も答えないフランチェスカに苛立ち、小さな刃物を手に近づいて……」 「黒か白か、始めようか?審判を」刹那煌いた消えぬ証 暴かれて 問いは意味を成さない 口外されれば幾多の犠牲の上に 勝ち得た炎も潰えてしまう… 錆びついた その凶器を躊躇い
「どこにでもあるような幸せな家族。国中に漂う不自然なまでの魔女への信仰にも、どうにか順応して……」 貧しいことなんて 笑い飛ばせる眩しい家族(famile)小さな家 桜草(primevere)の咲く 暖かな小庭(jardin) 咲く花のように 綺麗な顔したフランとレスター 両親の自慢だった双子 人見知りのフランチェスカ レスターの背を離れずに 「お兄ちゃんなしでは、村の外にも出られないんじゃない?」からか
「待ち望んでいた解放の時。久々にみる仲間達の顔は、少しやつれているようで。けれど、変わらずそこにあった――――今も」 「ねぇ、嬉しいのに不自然にしか笑顔を作れないんだ」魔女に矯正された 紛いモノの表情 ah…魔女の毒は 歓喜の波も抑制するほど深く痛ましい爪痕は消えないかもしれないけど 恐る恐る控えめながら 喜びを分かち合う子供達は鎖を外し 手を取り合い生を確かめるように 碧に染まるセカイで 産
「あらかじめ約束されていた最期の夜。イレギュラーなき旋律の開演。今宵、盤上の駒は揃った」 「――――はじまりのおわり。おわりのはじまり」 「もっと昂らせて……」 風のない真遠の夜に 小さな進軍の灯が無音に輝き全ての遍く事象に 根源が或るなら壊してみせよう 其々の宿願を胸に 小さな行軍の日は訪れるそうは眠ることなきアイリーン永い周期を待ち続けた反逆のレギオン 無慈悲なリフレイン聞こえがいいばかりの言葉じゃ 運