風の 噂に さそわれて降りたつ駅は 雪の中路地にこぼれる 赤提灯の灯にさえ泣けるおまえが匂う一目逢いたい湯の町酒場 酔いにまかせて抱きよせた男のつみが 身をせめるつれて行ってと小指をからめすがった夜のおまえの 涙酒がおもたい湯の町酒場 闇にながれる汽車の汽笛追うほどつらくなる旅さ泣いているのかしあわせなのか凍てつく空におまえがゆれる抱いてやりたい湯の町酒場
♪待った 待ったちょっと待っておくんなさいよ♪ 浪花生まれで 大江戸育ち涙もろくて おっちょこちょいで曲がったことは 大嫌いこんな女で ございます…「チョイト そこのお嬢さん振られたのかい 惚れたのかい」夢と情けを結んで締めりゃ恋の花道七三(しちさん)で好きなお方と エー… 見得を切る♪「辛い時には歌いましょう ソレ踊りましょう ソレさあーさ 手拍子 足拍子」 歌の文句に あったじゃないかまわり舞台さ
月の砂漠を 歩いてみたい遠い眼をして呟いた 君の側には月見草逢って別れを繰り返す 二人の季節はすれ違い…今・君は 星の王子様見上げる夜空に 微笑み返す私は今もお姫様… そして ボレロ 月の光に 抱擁(つつ)まれながらいつか心の傷跡も 消えて愛しい月見草いつも私の胸に咲け 二人で旅するその日まで…今・君の 好きな童謡歌(わらべうた)見上げる夜空の 砂丘を越えて私は唄うお姫様… そして ボレロ あー… 君
闇に絣を 織り上げながらしじまシンシン 雪が降る思い出すのね こんな夜は切るに切れない 未練の糸で恋のまぼろし 機を織る雪のおんなの 哀しみを 風の便りを 届けるようにささめサラサラ 雪の声聞いて下さい 寒い夜は耐えて椿の 蕾の中にひとつ幸せ 紅の花祈るおんなの まごころよ 差す手ひく手を 忍ばせながらこごめチラチラ
あなたを愛したあの夜から私は淋しい女になりました忘れはしない 霧降る街で初めてふれた男のこころああ… すすきのの夜が切ない あなたが灯した愛の灯をどうして私の涙で消せましょう嘆きのブルース 身に泌む今宵ネオンの花に抱かれて踊るああ… すすきのの夜が切ない この夜の運命を恨んでも私はあなたを憎んでいやしない逢えなくなって今更知った諦められぬ心のつらさああ… すすきのの夜が切ない
「なぜか港に 降る雨哀し別れた君(ひと)を しのぶ雨」 肩を寄せ合い 小雨に 濡れていた赤い浜茄子(はまなす)立待岬忘れないでね 忘れはしないよブルース 函館恋が始まる 二人の波止場 ハーバーライトに 浮かんだ 泊(とま)り船霧が流れる 山下公園(やました)通り離れたくない 放しはしないよブルース 横浜愛を重ねた 二人の波止場 男心の 優しさ 知ったのは雨がそぼ降る オランダ坂よ愛して欲しいのよ いつい
生まれる時に 大声あげて泣いて出て来た 人生やないのあんたも私も 人の子やのに傷つけあって どないするあゝ泣きたいけれど 泣きたいけれど今は泣かんとこあゝ小雨やけれど 小雨やけれど今は泣かんとここれ以上みじめになったらあかん涙はみせんとこ 恋した夜に 心ふるわせ泣いて誓った ふたりやないの人間ひとりも 信じられずに生きてくなんて 哀しいねあゝ泣きたいけれど 泣きたいけれど今は泣かんとこあゝ私もわるい あんたもわるいだから泣
沖は荒海 佐渡の島ここは越後の 港町赤い椿の 花びらが風に誘われ 散る日暮れまだ忘れない…まだまだ恋しい未練ひと鳴き 恋千鳥 いつも 倖しあわせ さがすたび何故か不幸と めぐり逢う夜を震わす 海鳴りを聞けばあなたを 想い出すまだ忘れない…まだまだ恋しい心乱れる 恋千鳥 あなた 錨が 重すぎて動けないのよ
嘆きの雨に 色濃く染まる花は 女の 意気地です逢わなきゃ さめると人は言うけれどつのる思いを いでゆの川に映して 咲いてます切なく 咲いてます 恋あやめ 添い寝の枕 方寄せながら早くおいでと 叫んでいたあなたの 面影忘れられなくて活けてみました 湯舟の窓にはかない夢ですねいちずな夢ですね 恋あやめ 噂で泣かす
うしろ姿を 眼で追いかけた傘もささずに 去り行く君(ひと)よくちなしの花が 匂う 路地裏通り君・今・何処(いずこ)…帰り来る日を 待ちわびて忍び泣きする 忍び泣きするあー 小糠雨(こぬかあめ) にわか雨なら すぐ晴れるのにいつも心は 哀しみ模様風鈴が 雨風(かぜ)に騒ぐ 泪に咽(むせ)ぶ君・今・何処(いずこ)…熱いくちづけ もう一度夢は儚(はかな)く 夢は儚くあー 遠い虹 君・今・何処(いずこ)…雨よ 
ああ東京 東京愛が花咲く この街はパラダイス パラダイスパラダイス東京 吾妻橋から お台場へ上り下りの 舟が行く傷を背負った 二人にも愛があるある 愛があるああ東京 東京愛が花咲く この街はパラダイス パラダイスパラダイス東京 銀座の柳 風まかせ夢も買えるよ 数寄屋橋何だ神田と 神だのみ明日があるある 明日があるああ東京 東京明日は揃って 浅草へパラダイス パラダイスパラダイス東京 昔も今も 隅田川(お
浪花のおんなは 泣いたらあかんたばこ買うよな かっこしてふらりと消えて もう三月どこで夢見て どこで夢見て飲んでるやろか酔えばがんこで 泣き虫やけどそんなあんたに いつかほんきで惚れたんや 浪花のおんなは だまされ上手とんぼ捕るよな 目つきしていつもの嘘の くり返しそんなあんたを そんなあんたを叱ってあやしひとりかくれて 流した涙夜の大阪 ゆれる灯りが知っている 浪花のおんなは 泣いたらあかん惚れた男の
お前様には かりそめの恋であろうと いいのです夜の帳が 下りる頃紅蓮の炎に 包まれて阿修羅の姿も 熔けてゆく幸せすぎます 蝶になる めらめらと 舞い上がれ 炎の蝶よ 舞い舞い舞い 舞い舞い舞い舞い舞い舞い上がれ舞い舞い舞い 舞い舞い舞い舞い舞い踊れ 嗚呼…無常の恋よ お前様には たわむれの恋であろうと いいのです絡む蜘蛛の巣
川風がもつれさせたか 糸柳義理が絡んだ 柵を切ってあなたと暮らしたいああ 夢が流れる 築地川 暮れ六つの 鐘に身体が 急ぎ足逢瀬重ねた 舟宿に嘆いてくれたは 都鳥 ああ 明日は我が身か 捨て小舟 ガス燈の 灯り咽ぶか 影法師浮世芝居の
人の世は…流れる水に 逆らえば生きて行くには つら過ぎる 許してね 我儘を 身勝手を母が諭した あの涙詫びております 紀ノ川に あの日から…苦労の積荷 上げ下ろす水路(みち)に迷った おんな舟風が舞う 雨が降る 雪が散る吉野山々(よしのさんざん) 嵐ですあなた助けて 今何処に はらはらと…散りゆく花を 眼で追えば肩を寄せ合う 花筏憎しみも 哀しみも 愛しさも夢と一緒に 流しましょう春は又来る 紀ノ川に
泣けるものなら 声あげて泣いてみたいの 思いきり漁火よりも 小さなあかり消された哀しみ 誰が知ろああ つきぬ未練の函館!函館ブルース 赤く咲いても 浜なすの花を見つめる 人もない取り残された 磯舟だけが女の心を 知っているああ 風が身にしむ函館!函館ブルース 霧が重たい こんな夜は鐘も泣いてる トラピスト運命と言えば なおさらつらい悲しみ多い 恋でしたああ つきぬ恨みの函館!函館ブルース
人の別れの 淋しさを泣いて今年も 咲くだろう野菊 野菊可愛いい おまえのこころ花風に思い出 ちりばめて俺の瞼に 俺の瞼にゆれるのさ 秋のこころが わかるのは白い野菊と 赤とんぼ野菊 野菊可愛いい おまえの香りだよ細い暮らしの 明け暮れも愛があるから 愛があるから堪えられた 祭り太鼓の ふる里も今年は浮かれる 酒もない野菊 野菊可愛いい おまえの肌のいろ花に笑顔を 探しても慕情しぐれが 慕情しぐれが降る
わかれの雪・なごりの雪・おんな雪頬をぬらす 後朝(きぬぎぬ)の雪抱かれたかず しあわせになれるものならばうらみはしないけどおんなの夢は 春の雪降りつむひまもないまま とけてゆく燃えてはかない 恋化粧あなたの背中抱かれたかず しあわせになれるものならば降る雪もいとしい 臥待月(ふしまちづき)・更待月(ふけまちづき)・夜半(よは)の月空はいつか 有明の月足音だけ 待ちこがれている この嘆き枕もぬれたまま
いつの時代も 人の世は苦労九(ころうここのつ)つ 幸せ一つ背すじ伸ばして 生きるには嵐も吹けば 風も吹くいいじゃないか いいじゃないそれが人生 自分流 いいじゃないか  いつの時代も 人の世はまわり舞台さ 男と女 春夏秋冬 恋をして合縁奇縁(あいえんきえん)で 結ばれるいいじゃないか いいじゃないそれが人生 自分流 いいじゃないか  いつの時代も 人の世は生まれた時から 旅人なのさ世渡り上手に 歩く人不器
七つ転(ころ)んで 八つで起きる三十路(みそじ) 四十路(よそじ)の 坂道はいつも雨風 とうせんぼ耐えて歩けば その先に灯(あか)りがきっと 見えてくる人生街道 まっしぐら覚悟を 覚悟をきめて 通りゃんせ 今日があるから 明日(あした)があるさ一歩一歩の 足跡は夢と涙の 積み重ね粋(すい)も甘いも 噛み分けた魂(こころ)の歌と 二人(ふたり)連れ人生街道 一筋に覚悟を 覚悟をきめて 通りゃんせ 好きで
故郷(ふるさと)を…捨てて三年 流れて五年今じゃ抱(だ)き寝(ね)の 一本刀(いっぽんがたな)あやめ咲く時ゃヨー あやめ咲く時ゃヨー可愛いあの娘(こ)の 夢ばかり 「男は 旅を続ける… 一天地六(いってんちろく)の 賽(さい)の目に明日(あす)の 行く末 占って 男は 今日も 旅を続ける…」 親不孝…詫(わ)びておりやす お袋さんよ両手合わせる 野仏(のぼとけ)さんに渡る世間のヨー 渡る世間のヨー風の
風にじゃれてる のれんに賭けたふたりの振り出し 日本橋ちょいといなせで 歯切れがよくて年がら年中 浮かれ神興の祭り好き人形町で音頭取り 浜町あたりで勇み酒でもねあのひと すっきりしゃっきり江戸前よ時代おくれの 時代おくれの いい男 河岸にあがった 魚がはねりゃのれんに陽がさす 日本橋情にもろくて あれこれまめで江戸から続いた これが老舗の十代目八丁堀で夢を釣り 室町あたりで油売るでもねあのひと すっ
娘十六 恋染めし亀戸天神 願かけ参りつれない御神籤 末吉を枝に結んで チョイと拗ねて ハァー 深川雀が チュンチュンチュン噂ばなしに チュンチュンチュン親にゃ内緒に しておくれ恋しお方も エー 木場育ちそりゃ チュンチュンチュン チュンチュンチュンチュンチュンチュン チュンチュンチュン 伝えられない
季節はずれの 雪もようみやこ忘れの花に舞う忘れたくない 忘れたい道に迷って おんな旅あの人今ごろどこにいる 花はいのちを抱きしめる人は心をもてあます忘れたくない 忘れたい夢をかきけす春時雨おんなの暦は濡れそばる 風に追われて北の駅あすはいずこの旅の果て忘れたくない 忘れたいみやこ忘れを飾る髪夜汽車の窓辺の忘れ花
できることなら 苦労をせずに育っておくれすくすくともみじのような 手をにぎり吹雪の海峡 越えました母は この身をけずってもあゝ おまえわたしの 命です 風も冷たい 世間の隅で情けに溺れ すがりたい小さな寝顔 見るたびに迷い心も さめました女ざかりを 捨ててでもあゝ せめておまえに幸せを 花が散っても また咲くように切れども切れぬ
なんにもとりえは ございませんが玉ねぎとじゃがいものみそ汁がとくいですあゝ 二度目の二度目の操で 悪いけど心をこめて 捧げます愛して下さい 愛してね今度は 今度は捨てないで 顔も美人じゃ ございませんがいつまでも真心でつくさせてもらいますあゝ はじめのはじめの操は 馬鹿でしたあなたで 私めざめたの愛して下さい 愛してね今度は 今度は捨てないで なんにもとりえは ございませんがこの通り健康で長持ちはいた
花吹雪… 夢か うつつか まぼろしか公達(きみ)の面影 妖しく揺れる桜花(はな)よ 桜花(はな)よ 桜花(はな) 妖(あやかし)の桜(は)の精(な)なぜに 今宵は 散り急ぐいいえ… 千年生きても 恋や恋たった一度の 恋に散れ 朧月(おぼろづき)… 淡い 月光(ひかり)は 薄衣(うすごろも)尽きぬ情念(おもい)を 妖しく包む桜花(はな)よ 桜花(はな)よ 桜花(はな) 妖(あやかし)の桜(は)の精(な)
ついてゆくなら この人と決めていました 本気ですさよならばかりの 街だからはぐれて迷子に ならぬようあなた この手を離さずに夫婦日めくり 夢ごよみ 背負って重たい 浮世ならふたり分けましょ 軽くなる女は可愛い だけじゃないほころび縫うのも 得意ですあなた 一本つけますね夫婦日めくり 冬うらら 地図は心に あるだけで明日まかせが
芸の蕾(つぼみ)が 咲く時は命の恋が 散ってゆく儘(まま)にならない 浮世(うきよ)のさだめ邪魔をする気か嗚呼(ああ) 小夜嵐(さよあらし) 兄と慕った あの日から生きる望みを くれた人恨み忘れて 芸ひと筋にかざす扇(おうぎ)の嗚呼(ああ) 華舞台(はなぶたい) 伊勢路辿(いせじたど)れば 松風に揺れる木洩(こも)れ日(び) 道しるべここが二人の 両花道か明日は別れの嗚呼(ああ) 見得(みえ)を切る
散(ち)り際(ぎわ)を真似(まね)て生きたい 桜花(さくらばな) 散(ち)り際(ぎわ)の 見事(みごと)さよ無心(むしん)の姿 桜木に知る嗚呼(ああ)…命惜(いのちお)しまんこれぞ武士(もののふ)サムライの道にて 候(そうろう) 我が剣(けん)は 曇りなき魂(こころ)を磨(みが)く 鏡なりけり嗚呼(ああ)…誠尽(まことつ)くさんこれぞ武士(もののふ)サムライの道にて 候(そうろう) 清(すが)しきは 富