もっと強く抱きしめてよほんの気分でいいからこんな夜は 私だけのあなただと 信じさせて 愛の言葉 恋の仕草何もくれない男なのそうよいつも 私ひとりその背中 追いかけてた 悔しいけれど 離れないわあなたのそばで 苦しみたいの泣いていいのよ 耐えて行ける胸の奥 あなたがいればだから強く抱きしめてよこのまま死んでもいいくらいに… 嘘の恋と遊ばないでかるい傷跡 残して人はいつか 忘れてゆくときめきも せつない日も