In The End – 小袋成彬

見慣れた駅前
呼び出されるまで
数えた思い出
温めた体を暗い朝隠して
ふざけよう銀座で
時々休みも取って
出かけた
できるだけ遠くの国へ
リゾートは趣味じゃねえ
昔から住んでたみたいな安宿を選んで
無くしたピアスがまた見つかるまで
続くはずの物語

終わりがある
話をしよう
何もかもを
溶かしたままで
最後君は振り向いた
つまり俺は見つめてたのか
忘れよう
夏が近い
涙は聞こえない
忘れよう

話をしよう