シーツの海に身体を浮かべて朝日の岸に流れついたのわざと飾った あなたの写真もう見つめても 胸痛まない ウーン 心の傷あとウーン もうじき消える哀しい恋だったけどね 想い出にKiss あなたの匂いしみたセーター 捨てたくてでも 途中で手が止まるわ想い出にKiss 自分に強くならなければと想うのにNever fall in love 机の隅に消しゴムのくず別れの手紙書いた時のね出来ることなら 私の記憶全部消せたら
ローソクのあかりだけでキスだけでふたりかたくかたくつなぎあった手と手の夜更けどんな時もどんな事も二人ならヘイキもしもそれがわかったらわたしのBirthday I search lightI search lightさよならを言うためだけにI search lightI search lightなぜいつも会うの つよくつよくみつめ合ったその時の素直ずっとずっと好きでいたら変わる何かは何願いごとは気にしないと笑っていたけ
広い海の真ん中 憶病な小舟は濡れた枕を抱いて ゆらゆらとさまよう淋しい夢を見たら 何もかもが不安で元気がなくなるから あなたの声でたすけてね今すぐにDarling wake me up Good Morning Callねえ やさしく ささやいてよDarling はやく
ねぇ 誰にも 秘密だよ君は 僕のことが 好き あなたのココロはいい匂いあなたのココロはファンタジー ねぇ 誰にも 秘密だよ僕も 君のことが 好き あなたのココロは優しくてあなたのココロは悲しいね 約束を守って沈黙を守って 抱きしめてあげるよ そばにいてあげるよそばにいてあげるよ 愛してよ ねぇ 誰にも 秘密だよふたりだけが知ってるロマンス あなたのココロが知りたくてあなたのココロを追いかけて 神秘の深い森その奥に隠れ
せますぎるあなた自慢のクーペ飛ばしてる時は まんざらでもないけど月影で からだをひねってくちづけ筋がちがいそう うんざりしちゃう 「あのね アタシはね 別に愛してない訳じゃないのよただね ここじゃイヤだって言ってるの せめて…」ベンチシートの車に買い換えてよ せますぎるあなた自慢のクーペドレスがやぶけてしまうじゃないの無理な事しないでよ 車のかたちとふたりのかたちが フィットしないでしょ 「あのね さっ
風になれるならあなただけ包んで優しく守ってあげる そっと抱きしめていたいこのまま… ずっと探してた もう一人じゃないね淋しい夜に二人で サヨナラを言った ひとりじゃ見えない事がたくさんあると教えてくれたねぇ この気持ち あなたになんて言えばいいの? 風になれるならいつだって自由に優しいあなたにあえる ずっと抱きしめていたいいつでも… 言葉はもういらないね瞳で話しができる 二人にねぇ 夢だったらさめないようにずっと ずっと
あの人は悪魔 私をとりこにする やさしい悪魔レースのカーテンに あの人の影が映ったら私の心は もう動けない ふたりの影はやがて 一つの燃える シルエット Ah! Ah! Devil, My Sweet Little DevilWoo Woo Woo やさしい悪魔Ah! Ah! Devil, My Sweet Little
愛してるとつぶやいてドラマは始まる空っぽの世界でいつのまに Easy Goingなんにも欲しくないけど今日も UnhappyHey,Hey,Hey! Switchをひねって君の声を聞きたいきっとこの場所から何かが始まるゆっくり空を見上げては今日も泳いでるHey,Hey,Hey! Maybe blue 何をしてもLet me love you baby いつでもFeel so free わからないならこのままじゃ崩れちゃうんだ お
電話を切って静かに眠らせて このごろの気分怠けたい眠りたい 心配うるさいメールも無用わたしは大丈夫気が済むまで夢を見させて SLEEPY 眠りたいだけもういいかしら おやすみベイビーLAZY 面倒くさいの明日にしてね さよならベイビー I’m loving you. May be.?.?.?.zzz,,,,, 別に悪くないシンプルな気分です 真っ白なシーツに融けてたいだけなの 明日の事とか言っちゃ駄目じゃな
夢なの? 夢じゃない夜空を駆けめぐる瑠璃(ルリ)色 車を飛ばして 天文台へKiss の途中で あなたが消えたあやしげなLeser Beam身体ごと In The Air浮かぶあなた “アンドローラ” 銀河からLovin’ Youあなたを迎えに来た 銀のFlying Saucer“アンドローラ” テレパシー感じる心は無重力にFallin’ Love “アンドローラ” こんなの困るわ 不思議な“G
艶姿ナミダ娘 色っポイねナミダ娘 色っポイね 夕暮れ抱きあう舗道 みんなが見ている前であなたの肩にチョコンと おでこをつけて泣いたのあなたは淋しくないの? 離れて淋しくないのBakaだね 明日また会えるよと 余裕があるのね ダーリン、ダーリン、ダーリン、My Love意味深 I Love youダーリン、ダーリン、ダーリン、My Love意味深 I Love youなぜなの 涙がとまらないあなたを見ているだけ 艶姿
ギューに挿し込まれた車両が重く走るそんな街 飛び出して夜空を見上げてここは1日にBusが2本しか来ない時間軸が壊されてゆくよ 今頃君は一人で分刻みの予定をこなすそれでも大切な一秒見落として過ぎてく… こんなに遠く遠く離れてやっと気づき始める「毎日」の奇跡を責任だけをかぶりすぎていたから自分の「素直」が隠れていたね Pocketに詰め込んだCandyが少し溶け始めたそんな思い出ココロをくすぐるアルバムを開い
丸い木洩れ陽 スポットライト訳あり顔で 石ころを蹴るの私がいちばん 不幸(キレイ)に見えるはかない景色 さがしにきたのよ 舞台仕立ては もう文句なしでしょ透き通るほど やつれた頬を 見せてあげたい位 ケチャップつけた安全剃刀 ありったけのこの愛の証しケチャップつけた安全剃刀 北の国から届けますなんていー気味 こんな可愛い くしゃみする私をほっぽり出すなんて 「さみしいけど 私は元気」と長距離電話 コレクト
カワイイ子猫拾って来ただけなのにパパもママもスゴイ剣幕で怒り出した こんな事じゃアタシ ホントのオトナになれないんじゃないかと思ったの いつまで子供扱いすれば気が済むんだろう? もう! イヤになっちゃういくつだと思ってんの? そんなケンカがきっかけで アタシ一人暮らしを始めた正確に言えば 一人と一匹暮らし アタシのsingle life ベランダで育てた バラの鉢植えカワイイ赤いのが咲いてた今日はイイ事あり
濃いというだけでたまらないことがこの世にひとつ ある ある ある凍ってた景色音楽を聴くと動き出すことが ある ある ある なにしていたってかまわないでしょう気が狂う時も ある ある ある心のひだまでさわられてるような夢を見たことが ある ある ある ビニールの傘で夜明けのビルの谷間肩を寄せあって霧雨の中を恋人じゃなくてふたりはただ歩いてにぎられた指が 汗ばむ離して
夜明けのMEW君が泣いた夜明けのMEW僕が抱いた眠れない夏 パジャマ代わりに着たシャツベッドの その上で君は仔猫の姿勢でサヨナラ 待っている 誰が悪い訳でも誰のせいでもなくていつも 若さは気まぐれ 愛をごめんね 愛をごめんねもっと もっと もっと もっとキスをすればよかったよね愛をごめんね 愛をごめんね君のすべて知っていると思っていた 夜明けのMEW君が泣いた夜明けのMEW僕が抱いた眠れない夏 シェイドを開
春 夏 秋 冬 Everydayいつも変わらない日常 急ぎ陸 海 空 夢 Genzitsuいつも気づかないまま通り過ぎ Sha na na… 恥ずかしいなんて言わないで小さな行動も 信じたらからだじゅうに響きわたって細胞の奥まで弾けそう!! Sha na na… なんでもできる 魔法のことばなんにでもなれる すてきなことば 大地を蹴って 痛み忘れ素直に愛しく このからだ感じるまま 唄うたいま
ダン・ドゥビ・ドゥ・ダン だんだんと近づいてくるよ 私を迎えに 嬉しい車窓は全開 発車はオーライカバンの中身は 夢だけ 回る この町並 忘れないさ 旅立つ今日の日を君の事だけは 心残るけど 行こう 希望に光る笑顔を置いてゆくから朝が来る もう行くよ さよなら キラキラと 夢 ダン・ドゥビ・ドゥ・ダン だんだんと聞こえてくるんだ 校舎の歌声 響いて卒業証書 涙も少々瞳の奥には 君だけ 回る この校庭 忘れな
もう少し 長い針 短い針がめぐり逢う Happy Birthday 星が降る夜 誰より急ぎ足のホーム真っ白い箱の中で苺が少し踊るuhm あなたに早く逢いたくて街はキュンと輝いた いつだって どこだって 何があっても七色の“おめでとう” 愛しいあなたへ ローソクがひとつ足りないからと夜空の星を足して唇重ね合ったuhm あなたが生まれた日それはきっと愛が生まれた日 いつだって どこだって 何があっても口ずさもう
町のみんなが眠る頃 目覚まし時計が鳴る「だれだ!こんな時間に起きるやつは、だれだ!」「ぼくだ!ぼくはドロボー」 誰にでも出来ないぜ テクニックがいるからジグザグステップは ちょっとやそっとじゃ出来ないぜ 穴があったらとび越えろ 穴があったら逆らわず落ちろ難しいだろ 難しいだろ 暗闇の中すらすらと 新聞が読めるかい 誰にでも出来ないぜどんなことにも驚かない どんなことにもあなどるなそれが出来なきゃ それが
I love mama 小さい私の側に いつもいてくれたわI love mama 離れていると電話をかけて声が聞きたいの 一緒に眠る時に小さな背中を 優しくたたいてくれたあなたの手の感触を まだ覚えている 返せないありがとうと言えないごめんなさいも沢山あって全部伝えたいのI’ve been always loving you forever I love mama 小さな私の手を しっかり握ってたI love mam
芙蓉の花咲いて 散ってしまったけれど今も 私の心には あなたが一人 いる川辺の古い街 小さな庭の家私 あなたを思い 続けてる朝から夜まで 思ってる 水の流れゆるみ 春の訪れに愛しいあなたのその声 風の流れに聴く賑わう街の市 人の行き交いに私 あなたを探し 続けてる朝から夜まで 探してる 帰ってくる あなたの足音 近くに感じる胸に秘めた 燃える思いあなた 待ってる 触れる暖かさは 夢ゆえに悲し強く 噛み締
純情・愛情・過剰に異常純情・愛情・過剰に異常 ヤマトナデシコ七変化 素顔の方がウソつきネヤマトナデシコ七変化 絵になるネきわめつけ純情・愛情・過剰に異常どっちもこっちも 輝け乙女 しとやかな ふりしていても乱れ飛ぶ 恋心 A ha内緒 あなたの腕の中ごめん だれかと比べちゃうヤマトナデシコ七変化 からくりの 早変わり純情・愛情・過剰に異常あっちもこっちも 恋せよ乙女 どことなく 浮気なとこがあなたにも 魅
心の隙間に 優しい雨が降る疲れた背中を そっと湿らせてく 群れをなす魚たち少し 楽し気に駅に向かって走ってく こんなに普通の毎日の中で出会ってしまった二人降りしきる雨にすべてを流してしまえたらいいけれど…… あなたの知らない誰かと見つめてた遠くに揺れてる街はダイヤモンド ひとつずつ消えてゆく夜の静けさに息をひそめて見守るの 運命だなんて口にするのなら抱きしめて連れ去ってよ私のすべてに目を反らさないではじまっ
TVの楽屋で 見てはいけないものを見た誰も知らないロマンス実はそんなの毎日あたりまえもっとすごいことだって見たわ あのひとこないだ ほかのヒトとの時も見た誰も知ってるロマンス実はそんなの単なるカムフラージュもっと複雑になってるのよ あたしひとりが 歴史的瞬間を見た誰も信じぬロマンス実はそんなの知ってちゃ危険なもっと奥深い世界なの ハワイやロサンジェルス ときにニューヨークでも見た誰が隠したロマンス 実はそんなのか
あなたのオフィスで 私の部屋で人目をさけて夕暮れヨコハマ 雨のエアポートしのび会うたび しのび会うたび あなたの指先 あたしの体朝まで抱いて もいちど抱いて海辺のリゾート ホテルのプール誰にも言えぬ 秘密のにおい 最初はそう言うのカッコいいって思ってたこの頃 そう言うのバカバカしくなったわ STAND UP うしろ髪なんてひかれないSTAND UP おもちゃになんてさせないわSTAND UP
私 一人が 大好きなの留守番電話に 返事をするわもちろん 悪気は決してないんです Beautiful Lonely Life Kyon KyonはフツーKyon Kyonはフツー 私 あなたが 大好きなの淋しい夜は 会いたくなるわもちろん 誰にも迷惑かけません Beautiful Lonely
abcd CDJab CDJ あなたにはお気の毒だけどあなたの大切なレコードを割っちゃった あなたには「お気に入り」かもね私にはうるさいだけのゴミ割っちゃった あなたにはお話ししなけりゃならないの私とはこれきり会わないで終わっちゃった もう我慢ができない! いますぐ DJあの曲 DJかけておくれよ CDJしばらく DJこの場を DJつないでおくれよ CDJ あなたの「お気に入り」なんて私には退屈なだけなの終わっちゃった あなた
「さあどしたの こっちへおいであっためてあげる!」 真夜中に誰なの ドアに叫んでる!まだ夢の続きかしら チチチ静まる時計しっぽまで どしゃぶりで ひどい仕打ちね私Sorry昨日の事 もうよそうこっちへおいで 温めてあげる uh uh レンジで死んだ レンジで死んだこげついた 愛 愛 ヤーレンジで死んだ レンジで死んだあいつ
夜 ひとりで考え事してる時あなたの顔 うかぶけどすぐTVのこと 気になる私電話もかけなきゃ ビデオも返さなきゃ早めに眠らなきゃ 今日 逢えずに終わった あなたといたかった二人のこと 占いたい近くのコンビニ 週刊誌をチェックにチェックに チェックに チェックにクルマで行こうか それとも歩こうかやっぱり止めよか 昼間 気になるウワサそれに尾ひれがついて私の耳のまわり虫になって囁きつづける 集中出来ない!!集中出来ない!!集中出来な