名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実一つ故郷の岸を離れて汝はそも波に幾月 舊の木は生ひや茂れる枝はなほ影をやなせるわれもまた渚を枕孤身の浮寝の旅ぞ 実をとりて胸にあつれば新なり流離の憂海の日の沈むを見れば激り落つ異郷の涙 思いやる八重の汐々いづれの日にか国に帰らむ