いつの日か旅する者よ — 小椋佳

夜になお ざわめく者よ
魔法使いよ 悪魔よ
あるいは 闇の天使よ
さしのべる誘いは無駄と知るだろう
ただひとつ 命かけた夢だ
新しい道 初めての旅
今宵砂漠の砂嵐襲い来ようと
明日はまた 地平の光にたぎる胸だ

夜になお 輝くものよ
まだ見ぬものの 幻
あるいは 遠い未来よ
閉じた眼の瞼を熱くするほど
夜になお 湧き立つ憧れだ
新しい道 初めての旅
今宵ひととき 安らかな眠りを運べ
明日はまた 希望で私を蹴って起こせ

いつの日か 旅する者よ
この足跡を 見る時
あるいはそれを 踏む時
その胸に伝わる夢を知るだろう
夜になお 燃え上がる力だ
新しい道 初めての旅
今宵ひととき 安らかな眠りを運べ
明日はまた 希望で私を蹴って起こせ