ソフィー – 小林太郎

誰かに縋らなくちゃ明日も越せやしない
そんな脆い光こんな脆い光

優しさに弱い心同士 傷を付け合ってる
そんな夢を見てた

結局息を吐いて 吸っての繰り返し
この命の重さは 働きアリと同じ

優しさに弱い心同士
傷を付け合ってる世界で
夜が明ける

夢が終わって朝が来るまで
遊んで待ってるんだって顔して
ねぇ泣きそうな声で笑うくらいなら
泣いてしまえよ

眼を閉じて 振り返ることもなく
メロディで 逢えたなら
絵を描いて 繰り返すこともなく
前を見て 歩いていけ

夢が終わって 朝が来たって
変わり映えはしないね

声もなく、少しの汚れもなく
優しくなんてなれやしないね

眼を閉じて 振り返ることもなく
逢えたなら
君の絵を描いて 繰り返すこともなく
前を見て歩いてゆけ

コメントを残す