大阪情話~うちと一緒になれへんか~ – 小川みすず

人はこころや銭やない
泣いたらあかん 泣いたらあかん 別嬪(べっぴん)台なしや
飛田のお店に出るという 十日戎(とおかえびす)の前の晩
あんたがいうた言葉を忘れへん
うちは今でも 忘れ 忘れへん

「泣きながら通天閣見上げ
これでうちの人生終りやと思った。
けど死んだらあかん。精一杯生きてみよ。
あんたの言葉きいてそう思たんや。」

何が不足や知らんけど
すねたらあかん すねたらあかん 男がすたります
無い無い尽くしで来たクセに 愚痴を肴にはしご酒
道頓堀の 鴎に嘲(わら)われる
うちも厭です 嫌い 嫌いです

「なァあんた。ヤケ酒呑んでも何も変わらへん。
この世で起こったこと この世で納まらん筈がない。
山より大きい獅子(しし)は出えへん 気を大きい持ちいなァー。」

夢を捨てたというのなら
ひろうて上げる ひろうて上げる 大事にあたためる
花の十九と十五まで 共にどぶ板踏んだ仲
焼けぼっくいに今こそ火をつけて
うちと一緒になれ なれへんか
うちと一緒になれ なれへんか