Kapachino – 小山田壮平

昔の君は誰よりも美しくてしなやかで
僕はそれを仰ぐだけでもう何もいらないと思えてた
いっそこんなことになるのならば消えてくれていればよかったのに
惨めな影をひきずったまま 歩き続けなくてよかったのに

ふと気づいたら Kapachino あの日よりキレイな君に
見とれてるだけなのは 相変わらず 相変わらずなのに
「何かが違う」と考えたくてしかたないなら
もう その恋は 終わり 終わり
終わりにしてしまえよ

交差点では人々が憂鬱を持ち寄っては
わずかばかりの余力を何に使うべきかと話してる
山積みの宿題たち 四方八方に親の仇
誰も何も言えないままで 息絶えるように眠る今日も

心の奥 Kapachino 叫ぶ
「君のそばにいたい」と思っているだけなのは
愛なんだけど 愛なんだけど
失うことを嘆いて 沈黙を続けている
暗がりの片隅で このまま このまま

僕は君を呼ぶ 頼りないその肩を 泣けてくるその熱を
追いかけていく 追いかけていく

霧の中を 闇の中を 霧の中を 闇の中を
霧の中を 闇の中を 霧の中を 闇の中を
霧の中を 闇の中を 霧の中を 闇の中を
霧の中を 闇の中を 霧の中を 闇の中を