山口/山口のたこあげ唄「山の婆 山の婆」(山口市) – 寺尾紗穂

山の婆 山の婆
わら一把かさんか
二把にしてもどそ わしゃ荷はかるわん
ほいとなりゃこそ荷をかるいまする
三把にしてもどそ わしゃ竿ささん
鳥刺しなりゃこそ 竿さしまする
四把にしてもどそ わしゃしわよらん
年寄りなりゃこそ しわよりまする
五把にしてもどそ わしゃ碁はうたん
坊さなりゃこそ 碁をうちまする
六把にしてもどそ わしゃ櫓はおさん
船頭なりゃこそ 櫓を押しまする
七把ひちわにしてもどそ わしゃ質ひちゃおかん
貧乏すりゃこそ 質おきまする
八把にしてもどそ わしゃ鉢ゃめがん
ねずみなりゃこそ 鉢めぎまする
九把にしてもどそ わしゃ鍬かつがん
百姓なりゃこそ 鍬かつぎまする
十把じっぱにしてもどそ わしゃ字は書かん
手習い子供衆は 字を書きまする