向こう山に鳴く鳥はちいちい鳥かみい鳥か源三郎のみやげなにょかにょもらってきんざしかんざしもらって一羽の雀のいうことにゃ父さん母さん聞きやんせ私が大きくなったなら上野のお山に店出してござが三枚むしろが三枚合わせて六枚烏の行水羽がバタバタ狐の嫁入りまずまず一貫おん貸し申した
千福山の 中の沢で縞の財布を見つけた見つけたおっ取り上げて 中を見たれば黄金の玉は 九つ九つ一つの玉をば お上にあげて八つの長者よと 呼ばれた呼ばれた 長者殿は 京から下って瀬田の反り橋 架けやる架けやる瀬田の反り橋 踏めば鳴るが大工柄か 木柄か木柄か大工柄よりも 木柄よりも手斧と鉋の かけ柄かけ柄
こけしぼっこ きぼっこ土でこしゃだの土ぼっこわらでこしゃだのわらぼっこおらえのぼっこはなにぼっこハースサスサスサスサスサスサスサヨ 銀のうすに金のきね十月十日かがってねるひもねずにねりあげためんけいめんけいとでぼっこハースサスサスサスサスサスサスサヨ 金銀ぼっこのおぼっこ餅粉のようにぽってりとぼよこのようにのびのびとめんめんけいおぼっこスサスサスサヨ
ひいふうみーよーいつむがあねさん夫がないとてあらためしゃんす夫ばぼたんの助七さんで助のみやげになになにもろた一にゃこうがい二にゃおしろいばこ三にゃさしぐし四のむの枕らあけて越後のかたびら かたびら
なるか ならんかなります なります叺に千杯 俵に千杯なります なります
ヘイヨーヨ 泣くなよ 泣つるわらべ 耳グスグスゆさんでぃばるかいいくなよみみちりぼじぬたっちゅんどぬーとぅぬーとぅむっちょーたがぼーとぅかたなとむっちょんど
タントシリピルカピルカピルカイヌンクルピルカヌンケコスネタントシリピルカピルカピルカイヌンクルピルカヌンケコシネ
なくないよ 坊ややよなくないよ 坊ややよなくないよ なくないよ 母親やよ 何処もうち母親やよ 芋掘りが 野良ち 行ちゃんど芋掘りが 行ちゃんど ヨッコロハイヨーヨッコロハイヨー
エグエグエグ縁でそうとも柳沢いやだね女子木を切るかやを刈るションガイネそりゃかやを刈る女子木を切るかやを刈るションガイネ ぬしは釜無わしゃ塩川よ末は富士川ションガイネそりゃ末は富士川深い仲ションガイネ 甲州でがけの吸いつけタバコ涙湿りてションガイネそりゃ涙湿りて火がつかぬションガイネ カジカホロホロ釜無降りゃよ鐘が鳴りますションガイネそりゃ鐘が鳴ります七里ヶ岩ションガイネ 縁でそうなら北山条の花が咲きます
ねんねの子守はつらいもの 人には楽だと思われて おっかあさんに叱られ子になかれ 雨風ふいても宿はなし 人の軒端で日をくらす
ねんねんころりよ ねんころり坊やのお守りは どこへ行たあの山越えて 里へ行た里の土産は 何もろたでんでん太鼓に 笙の笛おきゃがり小法師に 犬張子
山の婆 山の婆わら一把かさんか二把にしてもどそ わしゃ荷はかるわんほいとなりゃこそ荷をかるいまする三把にしてもどそ わしゃ竿ささん鳥刺しなりゃこそ 竿さしまする四把にしてもどそ わしゃしわよらん年寄りなりゃこそ しわよりまする五把にしてもどそ わしゃ碁はうたん坊さなりゃこそ 碁をうちまする六把にしてもどそ わしゃ櫓はおさん船頭なりゃこそ 櫓を押しまする七把ひちわにしてもどそ わしゃ質ひちゃおかん貧
今日も凪いでる午後の海あなたと私と 今日も傍には午後の海枕辺に潮騒 どこか遠くへ連れてって言いながら眠りに
卒業までの半年で答えを出すと言うけれど二人が暮らした歳月を何で計ればいいのだろう 青春時代が夢なんてあとからほのぼの思うもの青春時代のまん中は道にまよっているばかり 二人はもはや美しい季節を生きてしまったかあなたは少女の時を過ぎ愛にかなしむ人になる 青春時代が夢なんてあとからほのぼの思うもの青春時代のまん中は胸にとげさすことばかり 青春時代が夢なんてあとからほのぼの思うもの青春時代のまん中は胸にとげさすこ
お天気雨に目を凝らし見つけたものは空のすきま生ぬるい風つづいてた もしも不安があるならばそっちにいってあげようか返事がないのでもう一度大きな声で問うてみた すると いつの間にか 私は雲にのり鳥の上をふわりとんでる 私がいってもその雨はなんだかどうして泣き止まぬ誰かの涙は河になり溢れて胸がいっぱいだ いつの間にか こぼれてた涙で私はあなたに虹を描くの雨が降れば私は雲に乗りあなたの涙ぬぐってあげる いつの間にか 
思い出どおり あしたになれば薄れてしまう 夜の憂いも 思い出どおり 行き交う声が新しい朝 満たしてくれる 思い出どおり ぬる風吹けばとけてきえゆく 恋の苦みも 思い出どおり 夕陽に映えて青い面影 かろくうつろう私とあなたの美しく 思い出どおり
なきたいときも苦しいときも口の角くいっとあげてごらんしんどいのはわかってるの言われたとおりにやってごらん せつないときも悲しいときもだまされちゃいけないよやるせないのもわかってるよ言われたとおりにやってごらん 素敵な風があなたに吹きそうよ 疲れたときもさびしいときも口の角くいっとあげてごらんしんどいのは分かってるよ言われたとおりにやってごらん 素敵な風があなたに吹いてるよ なきたいときも苦しいときも口の角く
昼下がりのカフェは女の子のおしゃべりで出来てるチョコレートと生クリームで出来てるいちごとブルーベリーで出来てる君はぎこちなく席にいるまるで似合わないハイビスカスティーと一緒に 君は私を好きだからどこにだってついてくる私が君を誘うのは君が私を好きだから 眠い午後の会話は忘れる為にあるよな思い出話で出来てるポストカードと色えんぴつで出来てる擦り傷とスクラップブックで出来てる君はちょっとだけすましてるおろし
みやげやで手にしたガラスのこびんみたいに壊れやすい胸で 月を見ていた つつまれたびんのよにぼくらはおたがいを海辺の小さな家で三日だけ守りあった 嵐の去る その真夜中月よぼくらに魔法をかけてくれ 月の光は遊ぶ きみの澄んだ肌をさざめいてさざめいてさかなになってぼくはきみを泳ぐんだ波うって もうふたりで月を見ることはしないからとあきらめた頬に 月を映した ふたりを浄めるためにふきつける潮風嵐の海笛を いつまでも
女がまだきれいだったとき父と夫とぼうやとが続けて死んでいきました 三人の影を抱きしめて女が床に臥せたとき国にいくさがおきました 女の思うことおなじこと 思いはぐるぐるめぐる 父さんどこへいったろうあの人今日も帰りが遅いぼうやよ早く出ておいで私はここで待ってるから 兵士が家までやってきて立てと命じたときも女は同じ床の中三人の影を思い出す 兵士が女の床ごと持ち上げ林の中へとかついでも女は微かに笑ってた 雨がけぶり
何になりたい?ただがむしゃらにこの心 何がほしい?いたずらに傷つけてあの心 次にうまれかわれるのならあじさいの青になりあなたの心に溶け込むのに どこへ行きたい?ただ遠くへあの人の心から一番遠くへ 次にうまれかわれるのなら夕陽の赤になりあなたの心をとおく照らすのに 物語は終わりにしたから私の心から一番遠くへ 次にうまれかわれるのならあの日の雨になりあなたの涙をそっとぬぐうのに 次にうまれかわれるのならあじさいの青
夕まぐれ 私ひとり踊る電線 カットして自由な空 夕まぐれ 私ひとり愛したひとの今頃と愛した私のこれからと 夕まぐれ 私ひとりお隣さんは中華かな私はひとり魚をおろそうか な 夕まぐれ 私ひとりぼやけた月をぼやっと眺め自由な空 夕まぐれ 私ひとり愛したひとの今頃と愛した私のこれからと 自由な空
何にも知らない顔してみんな あなたは知ってるねえそうでしょ 私はあんまり見失う 道をだから教えて愛の秘密を きつく抱きしめては投げすてるそんな幼いしぐさを繰り返し 私はあんまり行き詰まる 道にだから教えて愛の秘密を 悲しいとき泣いて苦しければ怒ってああ あなたはとてきれいね 私はあんまり見失う 私をだから教えて愛の秘密を