青の額装 – 安藤裕子

あれは気に入ってた深い水の色
澄んだ緑は空も写して
わたしの指先を染めて滲んでも
まだ足りないとキャンバスを伸びる

たくさんの「願いの木」描いては
隣の席のあなたの瞳の中で
いつか私も手を振りながら
当たり前のように ただ
笑っていたいと思ってた

春の匂いは景色を変えて
ずっと並んでた机離した
あなたがいたはずの青い額縁
雲ひとつないつまらない世界

たくさんの「願いの木」描いては
隣の席のあなたの瞳の中で
ずっと私は手を振りながら
大人になれるとただ
なんとなくずっと
思ってたから
なんとなくずっとね