さいしょからずっと – 安月名莉子

さいしょからずっと腕のなかで

透明な爪水晶 リグレット
みえなかった まだ

いたずら空からふるえた星
鼓動をあげて この命もあずけたかった

さいしょからずっと腕のなかで
罪の場所かぞえ消えた きみの明かり
きみの光

風がにげてくよ 微熱のつきささったまま

ねがいがかなうなら ときをもどす
ことば全部あのひとにつたえたいから
 
泣きそうだよずっと 想いすぎて
だいすき とどけてだれか
君のそばにいつもいたい

そのかすかな期待を粉々に裂いて
またわたしの世界は立ちどまる
あいたいよ

片方の羽根 ひざに抱いて
のばした影 ここでひとり

さいしょからずっと 胸のおくまで
喪う予感で くるしい歌おぼえた
愛の名をつげて消えた きみの瞳
きみの光