サヨナラを選んだ私 – 宇野実彩子 (AAA)

サヨナラを選んだ私、間違いかな。
胸が痛むたびに 愛は目を覚まして

今さらどこまで、夢を見て生きるんだろう…

光差す あの空は君の様で 優しい眼差しで守って
見上げるの 涙降り止まない日 憶えた温もりで通り過ぎて
また歩き出せばいい 君に、もう会えないけど
今信じてみるよ、明日への道

振り返るほどまだ私、強くなんかない。
手放した思いに 心追いつかずに

誰かと比べて、幸せを迷うんだろう…

光差す あの空は君の様で 優しい眼差しで守って
見上げるの 涙降り止まない日 憶えた温もりで通り過ぎて
また歩き出せばいい 君に、もう会えないけど
今信じてみるよ、明日への道

光差す 「同じ空を見てます。」浮かぶ君の言葉 許して
輝いて 涙滲む世界も 時に悪くないと、笑ってみせて
一人で立ち上がるわ 遅いことなんてないの
好きになれそうだよ、私の道