スニーカー – 学芸大青春

遅刻ギリギリの朝 急ぐ君の背中
ぼんやり後ろで眺める日 僕は遅刻
何のために何をノートに
書き写せばいいのかわからない
自由教えるチャイムの音
ロッカーで履き替えるアイテム
同じ制服じゃない
個性を出せる唯一のスニーカー

I AM ME U r U
でも1人じゃない
I AM ME U r U
ここにいる

放課後海まで続く道 意味なく走る
開放感が大きな夢を描いてゆく
卒業は永遠より
長く感じるくらい遠く
部活帰りの君が
通り過ぎる時間まで
いつもの仲間と防波堤でくだらない話して

I AM ME U r U
でも1人じゃない
I AM ME U r U
ここにいる

Yo 溢れ出す衝動に 身任すAfter school
広がってく世界に ワクワクする
好きな事 精一杯無我夢中
それでも足んないんだよ まだまだまだ
すり減ったソールの分だけ 夢に近付くまた一歩
このKicks履き潰すころには きっと…

もうすぐみんな違う 明日をゆくけど 今はまだ見えない
みんな違う 明日を選ぶ スニーカー選ぶように

I AM ME U r U
でも1人じゃない
I AM ME U r U
ここにいる