Phantom terror – 妖精帝國

目に映るモノタチに騙されてゆく
ゆがむ砂時計 紛(まご)うまやかし
大切な風景も砂塵のように跡形もなく散る

私じゃない私が
声もあげず虚空に消えてゆく

風のうねりが耳元で責め立てる
纏(まと)わる不安と絶望に飲み込まれ
感情も失って涙も乾涸びた
私の代わりに誰か生きてくれないか

繰り返すアヤマチに流されてゆく
まわる砂時計 惑うまなざし
波打った心臓が化石のように硬く殻を閉ざす

夢の中の私が
悲鳴もあげず虚無に堕ちて消えてゆく

強がったままで築いた虚像が目の前で全て崩れ落ちる
ころがった欠片拾い集めて
握りしめた手に滲む痛み

孤独な嘘でまた私を傷つける
消せないファントム夢魘(むえん)に取り憑かれ
幻想を引き摺って醜く這う涙
風のうねりが耳元で責め立てる
纏(まと)わる不安と絶望に飲み込まれ
感情も失って涙も乾涸びた
私の代わりに誰か泣いてくれないか

コメントを残す