そのぬくもりに用がある – 奥田民生

すべてを握りしめて 僕はどこへ行く
君よ なぜに泣いているの
優しげな言葉はいつだって
胸の奥ではずっと光ってるんだぜ
声が聞こえたのは あの河のほとりの方
忘れはしないよ あなたとのぬくもりという名のケモノ道

涙流れて 愛が生まれる
愛が生まれて 五月雨になる

いつも僕らだけ いつも損してる
いつも騙されてる そんな気がしていたの
僕はあなたの事を ずっと愛してるなら
僕はあなたの事を 失うわけはないだろう

すべてをなくした僕と すべてを許した君さ
今手に握ってるものは ぬくもりという名のケモノ道

涙流れて 愛が生まれる
愛が生まれて 五月雨になる