君色 – 奏みみ

小さな子どもが風船を飛ばして泣いていた
いつからだろう “手放す”ことに
人はちょっとずつ 慣れてゆく

Anyone 理想や夢さえ
「諦めも肝心…」と

君色した風船が空へと舞い上がってく
失ったものが綺麗に見えるのは
きっと 教えるため…
“失くしちゃいけないものがある”って

そっと電線に引っ掛かったさっきの風船
絡んだまま飛べず泣いてる
まるでそう今の自分みたいだった

Anytime 世間体とか他人の視線って糸
断ち切れず…

深呼吸して後悔も吸い込んで舞い上がるの
飛び出してみて初めて見える景色がある
恐れないで踏み出そう
しぼんでしまわないうちに

誰かの求めた色じゃなくて
自分だけの色で高く飛べるから

君色した風船が空へと舞い上がってく
失ったものが綺麗に見えたから
やっと分かったんだ
失くしちゃいけないものが…

深呼吸して後悔も吸い込んで舞い上がるの
飛び出してみて初めて見える景色がある
恐れないで踏み出そう
大丈夫 大丈夫だから