ガラクタモンスター – 天月 -あまつき-

憚れば夜に堕ちること
振り向けばそこにいないだろう
君の視界を奪った

忌み嫌われるだけなのなら
痛みも感じなくなったの
それが強さなのかわからないけれど

焦りに飲み込まれても
君を照らす月になりたいと願ったの

最低な昨日を過ごした
最高の明日(みらい)を貴方に
ここまできたら衝動的
優先順位などないな

相反してしまった僕らの感情は不安定だけど
許しあえれば後悔が募ってしまって崩れてしまうからさ
空っぽの僕に

夢にみた君は笑ってた
僕の手を今すぐとっては
救ってやってくれないか

傷つけあってでも
もう戻れなくなっても
僕は君に夜明けの唄を歌い続けるから

最底辺だった僕に 理由を与えてくれたの
ここまできたら衝動的 優先順位などないな

後退してしまわないように
再会を期待する度に
膨らんでいくんだ
想いが募ってしまって涙が溢れるんだ
ガラクタな僕を

言葉は何もいらないから
僕だけが僕でいれるなら
どこまでもいけてしまいそうな気がしたんだ

弱さを抱きしめてしまえば
孤独も照らしてしまうような
月になりたいと願ったの

壊れかけた僕の前に
差し伸べてくれた貴方は
ここまできたら衝動的
優先順位などないな

溢れだしてしまいそうな
ためらう気持ちも吐き出せば
明日の未来が 色づいて

最低な昨日を過ごした
最高の明日(みらい)を貴方に
ここまできたら衝動的 優先順位などないな

相反してしまった僕らの感情は不安定だけど
許しあえれば後悔が募ってしまって崩れてしまうからさ
空っぽの僕に