かなしいうた – 大阪☆春夏秋冬

嗚呼
何故に人は産まれ
何が為に生きる
わからないけど
夕焼けが真っ赤に燃える
目に沁みる

移り行く時代と
変われない僕らと
語り合ったあの日の夢と
立ちはだかっている
現実

止まることのない
この時の河
溺れるように
流され
道に迷いながら
手探りで
前だけ見て歩く
理由など
わからずに

かなしいうたには
生きる強さが
隠されているんだ、と
君はわらう
本当の気持ちは
わからないけど
ただ今日も夕陽は
真っ赤に燃えている

命あるものみな
いつの日か
夜空の星になる
後悔ないように生きてますか?
心の底から笑うことが
できてますか?

かなしいうたとは
誰かの願い
叶うことのなかった
夢の続き
愛とか恋とか
綺麗な花とか
そう言うことはもう
とっくに聞き飽きた

さよなら
今までどうもありがとう
弱い気持ちにはもう見切りつけて
かなしいうたには
生きる強さが
隠されているんだ、と
君はわらっている
本当の気持ちはわからないけど
ただ今日も夕陽は
真っ赤に燃えている